iOS 12ではiCloud Keychainのパスワードマネージャーがサードパーティ製アプリにも許可され、アプリ内で強力なパスワードを作成することが可能。

スポンサーリンク

 iOS 12ではiCloud Keychainのパスワードマネージャーがサードパーティ製アプリにも許可され、アプリ内で強力なパスワードを作成することが可能になっています。詳細は以下から。

キーチェーンアクセスのアイコン

 Appleは現地時間2018年09月17日にリリースしたiOS 12Password Manager APIを追加し、1Passwordなどのサードパーティ製パスワードマネージャー内に保存してあるアカウントとパスワードをiOSキーボードのQuickTypeエリアに表示することが可能になりましたが、iOS 12ではサードパーティ製アプリがiCloud Keychainのパスワードマネージャーを利用することも可能になっています。

Password Manager API

Password AutoFill
Things supports iOS 12’s new Password AutoFill feature. It creates a strong password for you, keeps it safe, and automatically enters it for you when you log in on a new device. All of this now works with Things Cloud.

Things 3.7 Brings Siri Shortcuts and More – Things Blog – Cultured Code

 これにより、これまでSafariで利用可能だったアカウント作成時の強力なパスワード作成機能 (Keyhainのパスワードジェネレータ)」がサードパーティ製アプリ内でアカウントを作成する場合にも利用可能になり、作成したアカウントとパスワードは同時にiCloud Keychainに保存&同期されるため、ユーザーはシームレスにアカウント情報を他のデバイスと同期することができます。

Things v3.7 for iOSがサポートしたiCloud Keychainパスワードマネージャー

 この機能はサードパーティ製アプリ側の対応も必要ですが、Apple Design Awards 2017を受賞したドイツCultured Code GmbH & Co. KGのタスクマネージャーアプリThings for iOSが昨日のアップデート(v3.7)で、パスワードの自動入力(AutoFill)とともにこの機能を追加したそうなので、試してみたい方はThings(有料)アプリをチェックしてみてください。

コメント

  1. 匿名 より:

    それ以前にちょいちょい同期に失敗する基本的な動作をどうにかしてほしいわ

    • 匿名 より:

      へえ、そんなことあるんだ。環境や状況的な問題ではよく聞くけど問題をクリアしたかったらアップルに直接いうべき案件だね。

  2. 匿名 より:

    これで某有名ぼったくりパス管理アプリ全くいらないね。