iOS 14/iPadOS 14を搭載したiPhone 7/iPad (第6世代)以降のデバイスではAirPods Proを利用して映画館のようなサラウンドサウンドが体験ができる「空間オーディオ」が利用可能に。

スポンサーリンク

 iOS 14/iPadOS 14を搭載したiPhone 7/iPad (第6世代)以降のデバイスではAirPods Proを利用して映画館のようなサラウンドサウンドが体験ができる「空間オーディオ」が利用可能になっています。詳細は以下から。

AirPods Pro

 Appleは現地時間2020年09月16日、iPhoneやiPad向けにiOS 14/iPadOS 14をリリースしましたが、このiOS 14とiPaddOS 14では以下のiPhone/iPadデバイスとAirPods Pro*で映画館のサウンドシステムのようなサラウンド・サウンドを体験できる「空間オーディオ (Spatial Audio)」が利用可能になっています。

iOS 14とiPadOS 14、AirPods Proで空間オーディオ機能を使う

*iOS/iPadOSデバイスとAirPods Proは以下の仕様を満たす必要があります。

 AirPods Proの空間オーディオ機能はAirPods Proに独自の指向性オーディオフィルタを適用し、耳に届く周波数を微調整することで、映画館のような没入感のある3Dオーディオを体験できる機能で、この機能はiPhoneやiPad、AirPods Proのジャイロセンサーと加速度センサーを連携させ、ユーザーの頭とデバイスの位置を追跡、そのデータを比較して音場がデバイスに固定されるように設計されているため、ユーザーの頭が傾いても音場ずれる事がありません。

AirPods Proの空間オーディオ機能

 空間オーディオのシステム条件を満たしたiPhone/iPadデバイスにAirPods Proを接続すると、上記のような空間オーディオテストが行なえますが、設定アプリの[Bluetooth] → [AirPods Pro]の情報(i) → [空間オーディオ]機能を試してみる…でも、この機能をテストできます。

AirPods Proの空間オーディオテスト

 また、あえて空間オーディオ機能を利用したくない場合は、同じく[AirPods Pro]の情報(i)からOFFにできる他、コントロールセンターからもON/OFFできるので、AirPods Proユーザーの方は試してみてください。

コントロールセンターから空間オーディオ機能をON
;

空間オーディオに対応しているコンテンツはApple TV+などで配信されています。
スポンサーリンク

空間オーディオのシステム条件

iPhone/iPad

  • iPhone 7、iPhone 7 Plus
  • iPhone 8、iPhone 8 Plus
  • iPhone X
  • iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR
  • iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max
  • iPhone SE(第2世代)
  • 第3世代以降のiPad Pro 12.9インチモデル
  • iPad Pro 11インチ
  • 第3世代以降のiPad Air
  • 第6世代以降のiPad
  • 第5世代iPad mini
iOS 14/iPadOS 14にアップデートされたApple A10チップ以上搭載のiOS/iPadOSデバイス。

AirPods Pro

 AirPods Pro用ファームウェア3A283以降を搭載したAirPods Pro。AirPodsのファームウェア・アップデートはペアリングしたiPhone/iPadとAirPodsが充電中に自動的に行われ、設定アプリの[Bluetooth] → [AirPods Pro]の情報画面から確認できます。

iOS 13.7とAirPods Pro 3A283