Markdownエディタ「iA Writer for Mac/iOS」がv5.1へアップデートし、ハッシュタグによるグループ分けやスマートフォルダ機能を採用。

スポンサーリンク

 Markdownエディタ「iA Writer for Mac/iOS」がv5.1へアップデートし、ハッシュタグによるグループ分けやスマートフォルダ機能を採用しています。詳細は以下から。

iA Writerのアイコン

 ドイツのiA Labs GmbHは現地時間2018年09月20日、Mac/iOS/Windows/Androidのクロスプラットフォームに対応したMarkdownエディタアプリ「iA Writer」シリーズのMacとiOS版をそれぞれv5.1へアップデートし、ハッシュタグによるグループ分けやスマートフォルダ機能を採用したと発表しています。

iA Writer v5.1 for Macのハッシュタグ

Creating the latest update to iA Writer was a slow burn. Beginning with some basic maintenance and then improvements for the new iOS 12 and macOS Mojave, the Kraken was released in the final weeks of preparation. The all new Tags and x-callback-urls are so hip they’ll take you to funky town.

Write to Organize – iA Writer: The Focused Writing App

スポンサーリンク

ハッシュタグ

 iA Writerのハッシュタグ機能は特に設定はいらず、文中に#Aesthetics, #Plato, #Design, #floating, #Japanといったハッシュタグを書いていくだけで、ウィンドウの一番左側にあるオーガナイザのハッシュタグエリアにハッシュタグが自動的に追加されていくようになっており、

また、v5.1はハッシュタグによるクイック検索にも対応していますが、これまで通りのオーガナイザを利用したいユーザーは、[環境設定]メニューの「ライブラリ」タブから「オーガナイザ:✅ハッシュタグ」となっているオプションをOFFにすればオーガナイザからハッシュタグを消すことも可能で、Markdown上に表示されるハッシュタグが気になる場合は「テンプレート」タブにある「✅ハッシュタグの非表示」をONにしてください。

以下のスマートフォルダ機能も同様。

スマートフォルダ

 スマートフォルダはテキスト検索、親/先代パス、拡張子、ハッシュタグ、日付を含むルールで検索した結果を常にオーガナイザに登録しておくことができる機能で、使い方はオーガナイザにあるスマートフォルダリストをマウスオーバーすると表示される[+]ボタンで新しいスマートフォルダを作成することができます。

その他

 この他、iA Writer v5.1 for Macでは次期macOS 10.14 Mojaveのダークモードに合わせて、これまで「ナイトモード」だったアピアランス設定が「ダークアピアランス」に変更され、

Mac/iOSアプリとも「x-callback-url」に対応したため、Safariで選択したテキストを[共有]メニューからiOS 12のSIriショートカットを介してiA Writerへ送ったりすることができるようになっています。

リリースノート

ハッシュタグの追加

  • #タグをグループファイルに書き込む
  • ハッシュタグはオーガナイザと移動メニューにも表示されます
  • クイック検索を用いて全てのハッシュタグを見つけることができます
  • テンプレート環境設定でプレビューと書式付き書き出しからハッシュタグを非表示にできます

スマートフォルダの追加

  • スマートフォルダはテキストサーチ、親及び先祖パス、拡張子、ハッシュタグ、日付を含む様々なルールを用いてドキュメントを分類できます
  • カスタム並べ替えができます
  • 他のデバイスと自動で同期します
  • 移動メニューで自動キーボードショートカットが利用できます

URLコマンドの向上

  • iOSとマッチするようにドキュメントの作成と開くのコマンドをアップデートしました
  • 認証された x-callback-url を追加しました
  • 一般設定からURLコマンドを操作できます

ダークアピアランス

  • 最新のmacOSに合わせ、ナイトモードからダークアピアランスに名前を変更しました
  • システムのライト及びダークアピアランスはデフォルトの状態に準拠します
  • 一般設定から手動で切り替えることもできます

おまけ

  • フルスクリーン時のライブラリに、ナビゲーションコントロールを追加しました
  • オーガナイザ、ロケーションライブラリーの名前が変更できるようになりました
  • オーガナイザ、お気に入りの名前が変更できるようになりました
  • ライブラリでアイテムをコピーできるようになりました
  • 移動から内包しているフォルダメニューに行けるようになりました
  • 画像をサファリやフォトまたはその他のアプリからエディタにドラッグできない問題を修正しました
  • プレビューの数式入力用に、STIX 2.0フォントを追加しました
  • エディタ内のHTMLタグを目立たなくしました
  • お気に入り、スマートフォルダ、ハッシュタグセクションは、オーガナイザと移動メニューから非表示にできます

修正

  • ライブラリのパフォーマンスを向上しインデックスのメモリ使用量を削減しました
  • SVGの画像はコンテントブロックとして使用した場合、常に画像として表示されます
  • コードブロックはテキストスタッツから除外されます