iOS 12ではiPadのステータスバーやコントロールセンターを開くジェスチャーがiPhone Xのように変更。

スポンサーリンク

 iOS 12ではiPadのステータスバーやコントロールセンターを開くジェスチャーがiPhone Xのように変更されています。詳細は以下から。

iPad 2018

 Appleは現地時間2018年09月18日にリリースしたiOS 12でiPadの機能をFace IDが搭載された「iPhone X」ライクに変更しています。まずアップデートがして気づくのがiPad上部のステータスメニューで、iOS 11ではステータスメニュー中央にあった時計が左側に移動され、Wi-Fiや機内モードなどのステータスアイコンが全て右側に移動しています。

iOS 11とiOS 12のステータスメニュー

 また、iOS 12ではiPadのコントロールセンターを開くジェスチャーも変更されており、iOS 11ではApp Switcherと統合され下からスワイプして表示していたコントロールセンターが、iPhone Xシリーズ風に右上隅から下にスワイプすることで表示されるようになっています。

 Appleは現在Face IDを搭載したiPadシリーズを開発していると噂されているので、今後はこの表示とジェスチャーがスタンダードになってくると思われます。

コメント

  1. 匿名 より:

    時計と日付、Macでは右上なのに、iOSでは左上?
    アップルが散々喧伝してた「一貫性のあるユーザーエクスペリエンス」って言葉は死んだの?

  2. 匿名 より:

    そもそもタッチパッドの操作がややこしくなりすぎてすでに意味不明。
    スワイプ
    2本でスワイプ
    4本でスワイプ
    押す
    長押し
    強く押す
    一瞬押す
    一番下から上
    一番上から下
    一番左から右
    一番右から左
    真ん中でしたから上
    右上から左下
    左側を強く押す
    などなど

  3. 匿名 より:

    正直前の方が使いやすい。大体次の機種がどうなろうと今の機種にはホームボタンもノッチも無いのに何故この仕様なのか。
    前は下から引っ張ると言う単一の操作でバックグラウンドもコントロールセンターも両方開けたのに。iPhoneXでそれをしないのは画面が足りないから仕方なく、じゃなかったのか??
    バックグラウンドとホーム操作の判定もシビアなので、設定でどちらか選べるようにしてほしい、、