スクリーンタイムやおやすみモードなど「iOS 12」の新機能まとめ。

 Appleが公開したiOS 12の新機能をまとめました。詳細は以下から。

 Appleが現地時間2018年09月17日、日本時間09月18日午前02時から配信を開始した「iOS 12」の新機能に関するページのIndexです。

スポンサーリンク

通知

 iOS 12の通知機能は通知が各アプリごとにグループ化される他、ロック画面から直接通知を設定できるようになっています。

iOS 12の通知センター表示

スクリーンタイム

 スクリーンタイムによりユーザーが利用したアプリの使用時間、デバイスを持ち上げた回数などを確認し、iPhoneやiPadにユーザーがどれだけ依存しているかをチェックすることができます。

iOS 12のスクリーンタイム機能

iPad

 iOS 12ではiPadのUIも変化し、コントロールセンターを開くジェスチャーはこれまでの下からスワイプではなく、iPhone Xのように右上隅から下にスワイプすることで表示されるようになっています。

QuickType

 AppleはiOSデバイスでより快適な入力を可能にする「QuickType」という機能を複数導入していますが、iOS 12ではこのQuickTypeのトラックパッドモードが3D Touch非対応デバイスでも利用できるようになりました。

トラックパッドモード

Safari

 iOS 12ではデフォルトブラウザが「Safari v12」になりましたが、このSafari v12ではタブにFaviconを表示できるようになったほか、1Passwordなどのサードパーティ製アプリが「Password Manager API」を利用することが可能になっています。

Favicons in safari tabs for macOS

編集中