iCloud Drive上のフォルダを友だちや家族、同僚と共有できる「iCloud Driveフォルダ共有」がiCloud .comでも利用可能に。

スポンサーリンク

 iCloud Drive上のフォルダを友だちや家族、同僚と共有できる「iCloud Driveフォルダ共有」がiCloud.comでも利用可能になっています。詳細は以下から。

iWork for iCloudのアイコン。

 Appleは現地時間2020年03月24日にリリースしたmacOS 10.15.4 CatalinaおよびiOS 13.4/iPadOS 13.4でiCloud Drive上のフォルダを友人や家族、同僚と共有できるiCloud Driveフォルダ共有をサポートし、本日、iCloud for Windowsなどをリリースしましたが、これに伴いWebサービスの「iCloud.com」でもiCloud Driveフォルダ共有が利用できるようになっています。

iCloud Driveフォルダ共有の使い方

スポンサーリンク

iCloud.com

 iCloud.comでのiCloud Driveフォルダ共有の使い方はmacOSやiOSと同じで、iCloud.comへアクセスし、iCloud Drive(icloud.com/iclouddrive/)へ移動。共有したいフォルダを選択し、共有アイコンをクリック。

iCloud Driveフォルダ共有 on iCloud.com

 後は、そのフォルダを共有したい人の範囲とアクセス権を設定すれば、共有用のリンクが発行されます。iCloud.comはMacではSafari v9.1およびFirefox v45、Google Chrome v54以降、または最新のOperaで、WindowsではFirefox v45、Google Chrome v54、最新のMicrosoft Edge、Operaで利用できるので、iCloudユーザーの方は試してみてください。

iCloud Driveフォルダ共有 on iCloud.com