Apple、iCloud写真の写真とビデオをGoogleフォトへ転送するサービスを日本を含む240ヶ国以上に拡大。

スポンサーリンク

 AppleがiCloud写真の写真とビデオをGoogleフォトへ転送するサービスを日本を含む240ヶ国以上に拡大しています。詳細は以下から。

macOS 11 Big Surの写真アプリのアイコン

 Appleは2021年03月、プライバシー情報とデータ管理の選択肢の観点からiCloud写真に保存された写真やビデオをGoogleフォトなどのサードパーティサービスへ転送するサービスを欧米など10ヶ国で開始しましたが、Appleは日本時間2021年04月19日、このサービスが日本を含む240ヶ国以上で利用できるようになったとシステム管理者向けに通知しています。

iCloud写真をGoogle Photoへ転送

iCloud 写真に保存されている写真やビデオのコピーを Google フォトに転送するように申請できます。iCloud 写真から写真やビデオを転送しても、Apple に保存してあるコンテンツが削除または変更されることはなく、コンテンツのコピーがほかのサービスに送信されます。

iCloud 写真のコレクションのコピーを別のサービスに転送する – Apple サポート

 iCloud写真からGoogleフォトへ転送できるのは.jpgや.png、.webp、.gifなどの写真ファイルと、.mpg,や.mod、.mmv、.tod、.wmv、などの動画ファイルで、転送は”privacy.apple.com”の[データのコピーの転送をリクエスト]から接続するGoogleアカウントの2段階認証を経て転送できるようになるので、データ管理をGoogleへ集約したい方は試してみてください。

iCloud 写真のコレクションのコピーを別のサービスに転送する

接続するGoogleアカウントがGoogleフォトを利用していることが前提で、転送処理には3~7日程度かかる場合があるそうです。

転送可能なファイルフォーマット

  • 写真:.jpg、.png、.webp、.gif、一部のRAWファル
  • 動画:.mpg、.mod、.mmv、.tod、.wmv、.asf、.avi、.divx
    .mov、.m4v、.3gp、.3g2、.mp4、.m2t、.m2ts、.mts、.mkv

転送できない情報

  • 共有アルバム
  • スマートアルバム
  • フォトストリームのコンテンツ
  • Live Photos
  • 一部のメタデータ
  • iCloud写真以外のフォルダや場所に保存されている写真やビデオなど