Apple、「iCloud for Windows 7.2」をリリースし「Safari 11.0.2」および「iTunes 12.7.2」の脆弱性情報も公開。

スポンサーリンク

 Appleが「iCloud for Windows 7.2」をリリースしています。詳細は以下から。


 Appleは現地時間2017年12月13日、Windows用iCloudクライアント「iCloud for Windows 7.2」をリリースしたと発表しています。iCloud for Windows 7.2はWindows 7以降に提供され、。

iCloud for Windows 7.2

iCloud for Windows 7.2

この更新は、iCloud for Windows の安定性、互換性、およびセキュリティを改善するもので、すべてのユーザーに推奨されます。

iCloud for Windows 7.2 の必要条件:

  • Microsoft Windows 7 以降
  • Outlook 2007 以降または iCloud.com (メール、連絡先、カレンダー用)。このバージョンには Windows 10 上の Microsoft Outlook のサポートが含まれます。
  • Internet Explorer 10 以降、Firefox 30 以降、または Google Chrome 28 以降(ブックマーク用)

リリースノートより

同時にAppleは12月06日にリリースしたまま脆弱性情報を非公開にしていたmacOS/iOS用ブラウザ「Safari 11.0.2」および「iTunes 12.7.2 for Windows/macOS」の情報を公開し、WebKitでは悪意のあるWebコンテンツで任意のコードが実行されてしまう脆弱性(CVEベースで5件)を修正したと発表しています。

スポンサーリンク

iCloud for Windows 7.2

APNs Server

  • Available for: Windows 7 and later
  • Impact: An attacker in a privileged network position can track a user
  • Description: A privacy issue existed in the use of client certificates. This issue was addressed through a revised protocol.
  • CVE-2017-13864: FURIOUSMAC Team of United States Naval Academy

WebKit

  • Available for: Windows 7 and later
  • Impact: Processing maliciously crafted web content may lead to arbitrary code execution
  • Description: Multiple memory corruption issues were addressed with improved memory handling.
  • CVE-2017-7156: an anonymous researcher
  • CVE-2017-7157: an anonymous researcher
  • CVE-2017-13856: Jeonghoon Shin
  • CVE-2017-13870: an anonymous researcher
  • CVE-2017-13866: an anonymous researcher

コメント

  1. 匿名 より:

    昨今windows PCにlightning-USBケーブルで繋いだios機器のバックアップが取れるようになった。ただし、充電は出来ない。

    この結果から考えると、win pcにバッテリー駆動のios機器をlightning-USBケーブルで繋ぐとwindowsがBSoDになるのは、ios機器が充電で電流を吸い過ぎるから、という理由だったようだ。
    以前は接続も充電も出来て居たのだから、半ばMSの嫌がらせだな。

    itunesにはlightning-USBのドライバーが同梱されているのだから、appleも、とっとと対応すべきだった。