Serato、DJコントローラーアプリ「Serato DJ」がバージョン1.8で正式にOS X 10.11 El Capitanをサポートしたと発表。

スポンサーリンク

 DJコントローラーアプリ「Serato DJ」の販売&開発を行っているSeratoが「Serato DJ v1.8」でOS X 10.11 El Capitanをサポートしたと発表しています。詳細は以下から。

Serato DJ for Macのアイコン

 OS X 10.11 El CapitanにはAU(Audio Unit)プラグインが読み込めなくなる不具合などがあり、NIやUVI, Pioneer DJなど複数のオーディオ/ソフトウェアメーカーがEl Capitanへのアップグレードを控えるよう発表していましたが、

Software Support

Serato DJ 1.8 is now supported on the latest version of OS X El Capitan 10.11.1. You can download the latest version of Serato DJ here. There are currently a few known issues

[Serato DJ 1.8 now supported on OS X 10.11 El Capitan – Serato Support]

 その不具合がOS X 10.11.1で解消[1, 2]され、Serato DJもOS X 10.11.1との互換性が確認できたとして、Serato DJ v1.8で正式にEl Capitanをサポートしたと発表しています。

 Serato DJ v1.8はEl Capitanに対応した他、Seato DJ使用時に画面が黒くなる不具合やHID接続がされない不具合が解消されており、オーディオ DJ機材のハードウェアサポートについては各社のサポートサイトを参照するように指示しています。

Serato-Serato-DJ-1d8-on-MacBook

関連リンク: