Adobe、El CapitanにアップデートしたMacで発生していた「Audition CC」の不具合はOS X 10.11.1で修正されたと発表。

スポンサーリンク

 AdobeはEl CapitanにアップデートしたMacで発生していた「Audition CC」がクラッシュする不具合がOS X 10.11.1で修正されたと発表しています。詳細は以下から。


OS-X-10-11-El-Capitan-Hero


 AdobeはOS X 10.11 El CapitanにアップデートしたMacでオーディオ編集アプリAudition CCの一部エフェクトを利用したさい、Audition CCがクラッシュする不具合があるとしてユーザーにアップデートを控えるように通知していましたが、本日公開されたOS X 10.11.1でこの不具合が修正されたそうです。


Adobe-Audition-El-Capitan-issues

UPDATE: We have confirmed that the latest beta release of 10.11.1 fixes this issue and allows Audition to run all its plugin effects without any additional problem. This update also appears to resolve the similar issues found in Audition CS6. This update should be available to all users Wednesday, Oct 21, 2015.

[Audition CC and OSX 10.11 (El Capitan) – Adobe]

 Adobeはこの他にもEl CapitanにアップデートしたMacでPhotoshop や Lightroom, Premiere Proなどアプリで複数の不具合を確認しているので、これからEl Capitanへアップデートする方は注意して下さい。

関連リンク:

コメント

  1. Apple7743 より:

    Adobe「OSは正式版が出るまで確認しない!絶対にだ!!」

  2. Apple7743 より:

    Officeの件も含めて考えると
    1. GM版とリリース版でエルピに変更を加えた
    2. 不具合があると分かりつつエルピをリリースした
    って線もあるかなと。

  3. Apple7743 より:

    アプリではなくOSの修正で治ったということかな?
    2の線が濃厚だね