macOSには最新のOS X El Capitan以降、Macの再起動後に自動的にアドウェアを削除する機能が搭載。

シェアする

スポンサーリンク

 macOSでは最新のOS X El Capitan以降、Macの再起動後に自動的にアドウェアを削除する機能を搭載しています。詳細は以下から。

OS X 10.11 El Capitan

 ブラウザやその機能拡張を利用し、PC上にポップアップ広告を出すアドウェアはMacにも古くから存在し、Appleは以前までこの様なアドウェアを誤ってインストールしてしまった場合ユーザーがマニュアルで特定し、アプリやその関連ファイルを削除するように求めていましたが、この手法は最新のOS X 10.11 El Capitanでこの方法を自動化しているそうです。

os-x-el-capitan-remove-adware-automatically

Mac にアドウェアがあると思われる場合は、最新バージョンの OS X El Capitan にアップデートしてください。Mac にすでに最新バージョンの El Capitan がインストールされている場合は、再起動してください。El Capitan でアドウェアが削除されるのは、ログイン時だけです。

Mac にアドウェアがインストールされた可能性がある場合

 この変更は最新バージョンのEl Capitanで利用でき、例えばGenieoやInstallMacなどのアドウェアやその関連ファイルがmacOS/OS X上に展開された場合でも、Macを再起動することでOSが自動でアドウェア関連ファイルを削除してくれます。

 Yosemiteのテスト環境が無かったので確認できませんでしたが、新たに構築し確認したところ、Appleがアドウェアと指定しているものはMac再起動後に自動的に削除されるようになっていたので、ポップアップ広告などが表示されるようになった場合は試してみてください。

mackeeper-on-os-x-10-11-el-cpitan

この機能はmacOS 10.12 Sierraでも同様で、一般的にPUPと言われているMacKeeperMPlayerXなどには適用されません。

コメント

  1. 匿名 より:

    母ちゃんが言っていた「パソコンの調子が悪くなったら再起動!」というのは迷信じゃなかったのか…

  2. 匿名 より:

    El Capitanは最新ではないですね

  3. 匿名 より:

    これはいいね