Parallels、Parallels Desktop 11 for MacでOS X 10.11 El CapitanのゲストOS化にも対応。

シェアする

スポンサーリンク

 Mac用仮想環境構築アプリ”Parallels Desktop”がParallels Desktop 11 for MacでOS X 10.11 El CapitanのゲストOS化にも対応したそうです。詳細は以下から。


OS-X-El-Capitan-Install-img3


 Parallelsは8月19日”Parallels Desktop 11 for Mac”の発売を開始しましたが、Parallels 11では Parallels 10 で対応していなかった次期OS X 10.11 El Capitan のゲストOS化にも対応しているそうです。

関連記事

 Parallels 10でもカスタム設定から仮想HDDに細工をすることでEl Capitanのインストールは可能でしたが、Parallels 11ではOS X 10.11 El Capitan Developer Beta および Public Betaのインストーラーをドラッグ&ドロップするだけで自動的に仮想マシンを作成、インストールすることが可能だそうです。


Fig1

A virtual machine (VM) is the ideal way to check out an OS that has been released as a beta, like Mac OS X 10.11, also known as El Capitan. A VM is a sandboxed environment, so any issues seen in the beta OS won’t affect any of your files on the Mac, destabilize your host OS, or even require that you back up your Mac before installing the beta.
Some Parallels Desktop users have asked me how to do this installation in Parallels Desktop 11, and I’m happy to tell you in this blog post.

[Installing El Capitan in Parallels Desktop 11 – Parallels Blog]

必要なもの

 OS X 10.11 El Capitan Beta をParallels 11にインストールするのに必要なものは以下の通りで、ホストOSとゲストOSとでファイルのコピーなどが可能になる”Parallels Tools”も対応しているそうです。

  • ディスク容量に8GB以上の空きがあるMac
  • Parallels Desktop 11 for Mac
  • Install OS X 10.11 Developer Beta.app/Public Beta.app


El-Capitan-on-Parallels11-for-Mac

 詳しインストール手順はParallels Blogに掲載されているので、そちらを参照にどうぞ。

関連リンク: