Adobe、OS X El CapitanにアップデートしたMacで「Premiere Pro」を利用すると画面が乱れるなどの不具合あるとしてユーザーにアップデートを控えるように通知。

スポンサーリンク

 AdobeはOS X 10.11 El CapitanにアップデートしたMacでAdobe Premiere Proを利用すると画面が乱れるなどの不具合があるとしてユーザーにアップデートを控えるように通知しています。詳細は以下から。


OS-X-10-11-El-Capitan-Hero


 Final Cut ProやAdobe Premiereなど映像関係の情報を提供しているfop.coによると、OS X 10.11 El CapitanにアップデートしたMacでAdobe Premiere Proを利用すると映像が乱れる、またはアプリがクラッシュするといった不具合があるとしてAdobeがPremiere Proユーザーに対し問題が解決するまでアップデートを控えるように通知したそうです。

Premiere Pro CC and Mac OS X 10.11 (‘El Capitan’)
We are aware of some issues users of Premiere Pro may experience after upgrading to the latest version of Mac OS X, (‘El Capitan’), OS X 10.11. We are working hard to resolve these issues in an forthcoming release but currently recommend users remain on OS X 10.10.x.

[Premiere Pro CC and Mac OS X 10.11 (‘El Capitan’) – Premiere Pro Work Area]

 この不具合はAdobe PremiereのCommunityで報告されており、編集映像に以下の様に乱れるというもので、Adobe公式アカウントの返答によるとEl CapitanのGPUドライバおよびOpen CLが原因でこの問題が発生しているようです。


Adobe-Premiere-Pro-issues-on-El-Capitan

Everything seems to be working fine, except for Premiere. When video is STOPPED it has horrible video glitching. Now, when the video is playing, it looks just fine… and it also renders out OK. It’s just when it’s sitting on the timeline.

[Heads up on Premiere with El Capitan – Adobe Community]

 Adobeはこの不具合を認識しており、Work Areaに指定しているため後日アップデートされると思われますが、Premiereユーザーの方は注意して下さい。

関連リンク:

コメント

  1. Apple7743 より:

    Adobeって絶対に新バージョンのOSリリース前に自社アプリの検証しないよな
    個人のデベロッパー以下だ
    そもそもデベロッパー登録すらしてなさそう

  2. Apple7743 より:

    adobeって、Apple ProRes の使用が承認されている製品に載ってないし…
    ビデオ編集ソフトとして大丈夫なの?

  3. Apple7743 より:

    AdobeとAppleの歴史は色々と複雑だからねぇ。