次期MacBook Retinaにも採用が予想されるIntelの第6世代CPU Skylake-Y(Core M)の詳細が公開される。

スポンサーリンク

 次期MacBook Retinaにも採用が予想されるIntelの第6世代CPU Skylake-Y(Core M)の詳細がリークされたそうです。詳細は以下から。


Intel-Core-M-on-MacBook-Retina


 モバイル向けの”Intel Skylake”シリーズは”Skylake-H”と”Skylake-U”,”Skylake-Y”が用意されていますが、CPU Worldが手に入れた次期 MacBook Retinaにも採用が予想される”Skylake-Y”シリーズの詳細は以下の様になるようです(表の上3つが現在のMacBookに使用されているCore M,下4つが新たにリークされたCore m)。


Core/Thread CPU
Freq/TB
Cache GPU GPU
Freq/TB
TDP
Core M-5Y31 2/4 900MHz/2.4GHz 4MB HD Graphics 5300 300MHz/850MHz 4.5W
Core M-5Y51 2/4 1.1GHz/2.6GHz 4MB HD Graphics 5300 300MHz/900MHz 4.5W
Core M-5Y71 2/4 1.2GHz/2.9GHz 4MB HD Graphics 5300 300MHz/900MHz 4.5W
Core m3 6Y30 2/4 900MHz/2.2GHz 4MB HD 515 300MHz/850MHz 4.5W
Core m5 6Y54 2/4 1.1GHz/2.7GHz 4MB HD 515 300MHz/900MHz 4.5W
Core m5 6Y57 2/4 1.1GHz/2.8GHz 4MB HD 515 300MHz/900MHz 4.5W
Core m5 6Y75 2/4 1.2GHz/3.1GHz 4MB HD 515 300MHz/1000MHz 4.5W


 Skylake-YはCore M-XXXというネーミングではなく新たにCore m3, m5, m7という分類分けがされており、ローエンドモデルのCore m3 6Y30を現在のMacBook (Retina, 12-inch, Early 2015)のエントリーモデルに当たると想定すると、次期MacBook Retinaに採用されるCPUは以下の様になると予想されます。

  • MacBook (Retina, 12-inch) 下位モデル:Core m3 6Y30
  • MacBook (Retina, 12-inch) 中位モデル:Core m5 6Y54 または Core m5 6Y57
  • MacBook (Retina, 12-inch) 上位モデル:Core m5 6Y75

 CPU周波数はAppleがcTDPを変更すると予想されるためどうなるか分かりませんが、全てのチップセットでSATA 60Gb/s x 2レーン, PCIe 3.0? x 10レーン, USB 2or3 x 6ポート, eMMC 5.0に対応。Thunderbolt 3についてはIntel Alpine Ridgeチップで対応することになるようです。


z4

All chips have up to 2 SATA 6Gb/s ports, 10 lanes of PCI-Express interface, 6 USB2/USB3 ports and eMMC 5.0 interface. They support USB OTG and Rapid Storage Technology 14. The Core m microprocessors work with DDR3L-1600 and LPDDR3-1866 memory, and they are rated at 4.5 Watt TDP and 3 Watt SDP. They can also run at higher 7 Watt TDP if needed.

Comment : Thunderbolt controller is a separate chip. A couple of new Thunderbolt chips (Alpine Ridge SP and Alpine Ridge DP) will be launched this fall, and they will support Thunderbolt 3.0 interface.

[Details of 6th generation Core M processors – CPU World]

 FanlessTechがリークした情報では「Skylake-YのCPUは17%, GPUについては41%性能が向上し、バッテリーの継続時間が最大1.4時間延びる」となっているため、次期MacBook RetinaはGPUとバッテリー性能の向上が期待できそうです。


Skylake2-800x440

関連リンク:

コメント

  1. Apple7743 より:

    「MacBook Retina」ってタイトルにも本文にも書いてあるが
    「12inch」と加えないのはわざとか?それともただテキトーに略してるだけか?
    文脈でわかるものはわかるが、誤解を生まないよう略す必要のない部分でワードを省くのはやめて欲しいが…

  2. Apple7743 より:

    ※1
    どう誤解する可能性があるのだろう。
    もし誤解を生むとして、どんな問題が生じ得るのだろう。
    主題はそこじゃなくてYプロセッサのラインアップの話では?

  3. Apple7743 より:

    MacBook Retinaは後にも先にも今の所一機種しかないからな。
    タイトルならもうMacBookだけでも問題ないでしょ。

  4. Apple7743 より:

    Macbook、だけなら誤解しないが、Macbook Retinaって書かれるとMacbook Pro Retinaも含むのかと思っちゃうからじゃないか。俺は途中までそう思って読んでた。

  5. Apple7743 より:

    Skylake-YがMacBook Proに来る可能性なんてほぼないんだから、誤解のしようはないんですけどね。

  6. Apple7743 より:

    ベースクロックの向上がなく、(デスクトップ版を見る限りでは)IPC向上もそんなにではないのだけど、cTDP upが6W→7Wになったので、Appleの設定によっては向上幅が大きくなるかもね。
    PCIe Gen 3 10レーンのうち、4レーンはSSDが使い、Alpine Ridge DPが4レーン使でThunderbolt 3ポートが2つ搭載できるので、そんなとこかしら。