Intelの次世代CPU「Skylake」を搭載したMacBookではフレームレート60Hzの4K ディスプレイが3台同時使用できるようになる?

シェアする

スポンサーリンク

 Intelの次世代CPU「Skylake」を搭載したMacBookでは動作周波数60Hzの4K ディスプレイが3台同時使用できるようになる様です。詳細は以下から。


3-4K-Display-with-MacBook-Hero3


 サンフランシスコで行われているIntel Developer Forum(IDF)2015のでIntelの次世代CPU”Skylake”の様々な情報が出てきていますが、PCworldやArs Technica, MacRumorsによるとSkylakeを搭載したPCやMacでは動作周波数60Hzの4Kディスプレイが3台同時に使用できるようになるようです。

While Haswell could drive a 4K monitor at only 30Hz, and Broadwell could drive a single 4K monitor at 60Hz, Skylake is capable of driving three panels at 4K resolution and 60Hz.

[Intel Skylake CPU details revealed: These faster, more power-efficient chips can even drive three 4K monitors – PCWorld]

Skylake と Mac

 以前にFanlessTechがリークしたSkylakeのラインナップY, U, H, Sシリーズを現在のMacのラインナップに当てはめると以下の様になり、特にiGPUが最大1152GFlops, 72EUを搭載できるようになったことでMacBookやMacBook Air, iMacでのグラフィックスパフォーマンスが向上されることが期待されています。


Skylake2-800x440

MacBook MacBook Air MacBook Pro iMac
Skylake Yシリーズ Uシリーズ Hシリーズ Sシリーズ
CPU 17% faster 10% faster 16% faster 11% faster
GPU 41% faster 34% faster 16% faster 28% faster
Energy バッテリー駆動時が
最大1.4時間+
シリコン電力を
最大80%カット
TDPが最大22%低く


 これはSkylakeがGPUアーキテクチャを拡張し、ハードウェア側で4Kビデオの処理もサポートしてたことで実現されており、IDFで行われたデモではキヤノンの4KビデオカメラからのRAW動画をSkylakeのGPUだけを使用しフレームレートを落とすこと無く滑らかに再生することが可能だったそうです。


Ars Technica

Intel has also integrated fixed-function support of 4K video processing in hardware. That means Intel has dedicated transistors directly to the job of decoding and encoding 4K. In one demonstration showing playback of a 4K RAW video stream from a Canon video camera, playback was smooth using the Skylake graphics chip, while using just the CPU, it would constantly drop frames.

[Intel Skylake CPU details revealed: These faster, more power-efficient chips can even drive three 4K monitors – PCWorld]

 Intelは今年6月にUSB-Cコネクタを採用した4K@60Hzディスプレイを2台同時使用するのに十分なスループット40Gbps の”Thunderbolt 3”を発表しているため、次期MacBookにThunderbolt 3が採用されればHDMI出力を加えて3台の4Kディスプレイを使用することも可能かもしれません。


z4

関連リンク: