Apple、OS X 10.10.4 Yosemiteでネットワークデーモン「discovered」を廃止し、「mDNSResponder」を再使用。

スポンサーリンク

 AppleがOS X 10.10.4 Yosemiteでネットワークデーモン「discovered」の使用を中止し、代わりにOS X 10.9 Mavericksまで使用されてきた「mDNSResponder」を再使用しています。詳細は以下から。


Welcome-Back-mDNSResponder-in-10104-Hero


 Appleは一部開発者やセキュリティ研究者の間で問題視されていた[1, 2, 3, 4] YosemiteとiOS 8の新しいネットワークデーモン”discoveryd”の使用をOS X 10.10.4で中止し、代わりにMac OS X 10.2 JaguarからOS X 10.9 Mavericksまで約12年間に渡りOpen Sourceで開発を続けてきた”mDNSResponder”を再使用しています。


OS-X-10104-mDNSResponder-Hero

 Appleは現在のところmDNSResponderのソースコードを公開していませんが、バージョンはv576.30.4となっている様です。


 OS-X-10104-mDNSResponder-diff

 また、AppleはiOS 9でもこのdiscoverydの使用を中止し、mDNSResponderを再使用していますが、本日リリースされたiOS 8.4ではdiscoverydのままとなっています。


discoveryd-on-ios84

関連リンク: