Sony、macOS 13 Venturaに対応したSony製カメラ用ユーティリティ「Imaging Edge Desktop」をリリース。

スポンサーリンク

 SonyがmacOS 13 Venturaに対応したカメラ用ユーティリティアプリ「Imaging Edge Desktop」をリリースしています。詳細は以下から。

Sony Imaging Edge Desktop

 Sony Corporationは日本時間2023年02月22日、αやサイバーショットなどソニー製カメラで撮影したRAWファイルの現像や対応カメラのテザー撮影が可能なユーティリティアプリ「Imaging Edge Desktop (Remote/Viewer/Edit)」をバージョン3.6.00へ、それらを管理する「Imaging Edge Desktop」アプリをバージョン1.2へアップデートしたと発表しています。

Imaging Edge Desktop v1.2

Imaging Edge Desktop (Remote/Viewer/Edit) 3.6.00 をリリースしました

  • RAW現像時の画質を改善しました。
  • macOS 13に対応しました。
  • 不具合を修正しました。

リリースノートより

 Imaging Edge Desktop (Remote/Viewer/Edit) v3.6では、Remote、Viewer、Editの各アプリがmacOS 13 Venturaに対応した(Apple Siliconには非対応なのでApple Silicon Macで利用するにはRosetta 2が必要です)ほか、RAW現像時の画質が改善されているそうです。

Sony Imaging Edge Desktop Viwer v3.6

 また、Imaging Edge Desktop v1.2ではアイコンのデザインが刷新されているので、Sony製カメラをお使いの方はチェックしてみてください。

Imaging Edge Desktop v1.1とv1.2のアイコン