Apple、macOS 11 Big SurやMonterey、Ventura向けにWeb PushやアニメーションAVIF、Passkeysをサポートした「Safari v16.1」をリリース。

スポンサーリンク

 Apple、macOS 11 Big SurやMonterey向けにWeb PushやアニメーションAVIF、Passkeysをサポートした「Safari v16.1」をリリースしています。詳細は以下から。

Safari 15のアイコン

 Appleは現地時間2022年10月24日、ステージマネージャやSpotlightの強化、システム環境設定をSwiftUIで刷新したmacOS 13 Venturaを正式にリリースしましたが、同時に、このVenturaに同梱している「Safari v16.1」を、macOS 11 Big SurとmacOS 12 Montereyにもリリースしています。

Safari 16.1 for macOS 12 Monterey

Today, Safari 16 arrives for macOS Ventura and iPadOS 16. Numbered Safari 16.1, this release is also available for iOS 16, macOS Monterey, and macOS Big Sur.

WebKit Features in Safari 16.1 – WebKit Blog

 WebKit Blogによると、Safari v16.1では、Push APIやNotifications API、Service Workersを利用してWeb Push通知が可能になっている他、macOS 13 VenturaやiOS 16のSafari v16でサポートされていたロイヤリティーフリーで圧縮率の高い画像フォーマットAVIFのアニメーション、

Safari v16.1はiOS 16.1/iPadOS 16.1にも同梱されています。

AppleデバイスのTouch IDやFace IDの生体認証を利用したパスワードレス・サインインパスキー (Passkeys)」がサポートされているそうです。

Appleのパスキー技術

 また、iPadOSでは新しいウィンドウマネージャー機能であるステージマネージャーをより快適に利用できるよう、Safariを様々なビューポートやアスペクト比にリサイズできるようになっており、

New viewport sizes on iPadOS

最大12mm離れたApple Pencilのペン先を検知できるようになったiPad Pro (2022)のホバー機能「Apple Pencilによるポイント (英:Apple Pencil hover)」にも対応しているそうです。

Apple Pencil Hover