macOS 13 Venturaではアクセシビリティ機能として、海や雨、小川のせせらぎなど心地よい環境音を「バックグラウンドサウンド」として再生する事が可能に。

スポンサーリンク

 macOS 13 Venturaでは海や雨、小川のせせらぎなど心地よいサウンドを「バックグラウンドサウンド」としてダウンロード&再生する事が可能になっています。詳細は以下から。

Accessibilityのアイコン

 Appleは2021年にリリースしたiOS/iPadOS 15で、海岸に波が押し寄せる音や雨の降る音、小川のせせらぎなど、いわゆる自然音(環境音)を利用し、ユーザーの集中力を高めたり、リラックスさせるバックグラウンドサウンド機能を実装しましたが、

iOS 15の環境音再生するバックグラウンドサウンド

iOS 15のバックグラウンドサウンド機能。

本日リリースされたmacOS 13 Venturaでも、このバックグラウンドサウンド機能が追加され、サウンドをダウンロードし、再生することが可能になっています。

バックグラウンドサウンド機能

 バックグラウンドサウンド機能は、macOS 13 Venturaで刷新されたシステム設定アプリの[アクセシビリティ] → [オーディオ]に追加された[バックグラウンドサウンド]で、再生したいサウンドを選択、[バックグラウンドサウンド]をONにします。

macOS 13 Venturaでバックグラウンドサウンド機能をONにする。

 mた、バックグラウンドの選択画面で、リストの右にあるダウンロードボタンを押すと、高音質のバージョンがダウンロードできます。現在のところ、選択できるバックグラウンドサウンドは「バランスの取れたノイズ」と「ブライトノイズ」、「ダークノイズ」、「海」、「雨」、「せせらぎ」の7種類で、高音質バージョンは1.9~75.6MB程となっており、

macOS 13 Venturaのバックグラウンドサウンド環境音

高音質バージョンは削除することも可能なので、macOS 13 Venturaへアップグレードされた方は試してみてください。

macOS 13 Venturaのバックグラウンドサウンド機能

  • macOS 13 Venturaの新機能まとめ (準備中)