Adobe、Adobe製アプリとmacOS 13 Venturaとの互換性情報および確認されている既知の不具合情報を公開。

スポンサーリンク

 AdobeがAdobe製アプリとmacOS 13 Venturaとの互換性情報および確認されている既知の不具合情報を公開しています。詳細は以下から。

Adobe Creative Cloud

 Appleは日本時間2022年10月25日、ステージマネージャやSpotlightの強化、システム環境設定をSwiftUIで刷新したmacOS 13 Venturaを正式にリリースしましたが、これに合わせてAdobeがAdobe製アプリとVenturaの互換性情報を公開しています。

Adobe apps are compatible with macOS 13 Ventura

Are my Adobe apps compatible with macOS 13 Ventura?
We’re currently in the process of testing and optimizing our latest apps to run on macOS 13 Ventura. See the table below to know which of our apps work on macOS 13 Ventura.

Can I run my Adobe apps in macOS 13 Ventura? – Adobe

 Adobeが公開した互換性情報によると、Adobeは現在、同社のアプリとmacOS 13 Venturaのテストおよび最適化を行っているものの、Creative Cloudデスクトップ v5.9やPhotoshop v24など最新のAdobe製アプリでVenturaとの互換性を確認しているそうです。

Which Photoshop versions are compatible with macOS Ventura?

 ただし、PhotoshopやLightroom Classic、Bridge、After Effects、Premiere Proなど一部アプリでは既知の不具合も確認されており、Adobeは現在Appleと協力して問題の解決に向けて動いているそうなので、ユーザーの方は互換性情報をチェックしてみてください。

スポンサーリンク

おまけ

 また、AdobeはmacOS 13 Venturaで新たに追加されたログイン項目に対するセキュリティ機能のため、Adobe CCアプリの自動更新やクラウド同期、フォントのアクティベート、オフラインモードでの使用ができない可能性があるとして、Venturaアップデート後/新規インストール後に不具合が出た場合はログイン項目へ進み、ログイン項目のバックグラウンドでの実行を許可するように求めています。

macOS 13 VenturaのAdobe CCアプリ

Adobe CCアプリをmacOS 13 Ventura搭載のMacにインストールするとログイン項目も許可するように通知が表示される

  • macOS 13 Venturaの新機能まとめ (準備中)