macOS 12.3.1 Montereyでも、スリープ復帰後にThunderbolt Dockからデバイスが外れる、利用できなくなる不具合は残っているので注意を。

スポンサーリンク

 macOS 12.3.1 Montereyアップデート後も、スリープ復帰後にThunderbolt Dockからデバイスが外れる、利用できなくなる不具合は残っているそうです。詳細は以下から。

CalDigit TS3

 Appleが現地時間2022年03月14日にリリースしたmacOS 12.3 Montereyでは、Macに接続されたThunderbolt Dockで一部の機能が機能しなくなる不具合が報告されていましたが、この不具合は03月31日にリリースされたmacOS 12.3.1 Montereyでも確認されているそうです。

 米CalDigitによると、この不具合はスリープ復帰後にThunderbolt Dockに接続されたThunderbolt SSDやUSBデバイス、ディスプレイが見つからなくなるというもので、CalDigitは、この不具合が発生する場合、Macをスリープさせない、

Thunderbolt Dock Sleep Mode related issues (System Crash & Drives Disconnect) under macOS 12+

または、Thunderbolt DockをMacに接続後、Macを再起動、その後macOSにログインしてThunderbolt Dockを一度取り外し、3秒待ってから再接続しておくと、この問題が抑制されるとサポートページを公開しているので、この不具合に遭われている方は試してみてください。

Users on macOS 12.3 or 12.3.1:

  • Reconnect the Thunderbolt dock on each OS reboot before your computer goes into sleep mode:
    • 2.1. Connect Thunderbolt dock to your Mac, then restart your Mac
    • 2.2. Once you login to macOS, disconnect Thunderbolt dock from your Mac
    • 2.3. Wait 3 seconds, then reconnect Thunderbolt dock back to your Mac