Mac StudioのApple M1 Ultraチップに対応したOpenCL/Metalベンチマークアプリ「CL!ng v1.13」がリリース。

スポンサーリンク

 Mac StudioのApple M1 Ultraチップに対応したOpenCL/Metalベンチマークアプリ「CL!ng v1.13」がリリースされています。詳細は以下から。

CL!ng for Mac

 CL!ng(CL-ing)はeGPUコミュニティのBart Vanhaerenさんが2017年から開発しているGPUユーティリティで WindowsのCPU-Z/GPU-ZのようにCPU/GPU情報を表示し、OpenCL/Metalベンチマークを行える機能がありますが、このGL!ingがMac Studioに搭載されている「Apple M1 Ultra」チップに対応しています。

CL!ingのMetalベンチマーク

Apple M1 MaxモデルのMac Studioで起動したCL!ing

スポンサーリンク

Apple M1 UltraチップのGPUパフォーマンス

 Mac Studioに搭載されているApple M1 UltraチップのGPUパフォーマンスはベンチマークはGeekbenchのベンチマークにより既に確認されている通り、Mac Pro (2019)の初期に搭載されていた「Radeon Pro 580X」の約2.6倍で、Mac ProのCTOで選択可能だったMPX仕様の「AMD Radeon Pro Vega II」に迫るものの、

Apple M1 Ultraチップを搭載したMac StudioのGPUベンチマークスコア

クリックで拡大

GeekbenchやBlender Benchmarkのチャートで比較すると、昨年Mac Pro (2019)のCTOに追加されたGPU「Radeon Pro W6900X」や、Macで利用できないNVIDIA GPUのGeForce RTX 3090やRTX 3080 Tiなどと比較すると、その差は歴然ですが、

Blender Benchmark

クリックで拡大

GL!ingのベンチマークスコアでも、Apple M1 UltraチップのGPUパフォーマンスはMac Pro (2019)に搭載可能なAMD Radeon RX/Pro dGPUには及ばないため、

CL!ingのOpenCL/Metalベンチマークチャート

Apple M1 UltraのOpenCL/Metalベンチマークスコアは1件しか登録されていないので、参考程度に見てください。

Mac Pro (2019)以上のGPUパフォーマンスを持つApple Silicon Macが必要な方は、今年(2022年)後半に発表される、新しいMac Proを待つしかないようです。

  • CL!ng : 120円 – Mac App Store

コメント

  1. 匿名 より:

    Core数よりシングルスコアが課題、というか問題…。