Apple M1 Max/Ultraチップを搭載したMac Studioの温度/ファンセンサーに対応したシステムモニタアプリ「「TG Pro v2.67」がリリース。

スポンサーリンク

 Apple M1 Max/Ultraチップを搭載したMac Studioの温度/ファンセンサーに対応したシステムモニタアプリ「「TG Pro v2.67」がリリースされています。詳細は以下から。

TG Go

 カナダのTunabelly Softwareは現地時間2022年03月19日、Appleが新たに販売を開始したApple M1 Max/Ultraチップ搭載のデスクトップMacMac Studioの温度センサーやファンセンサーに対応したシステムモニタアプリ「TG Pro v2.67」をリリースしたと発表しています。

TG Pro v2.67 support Mac Studio

* [New] Added full support for the 2022 Mac Studio with either M1 Max or M1 Ultra.

リリースノートより抜粋

 Mac StudioにはUltraFusionアーキテクチャを採用し最大20CPU/64GPU/128GBメモリのApple M1 Ultra」チップが搭載可能で、内部には全く新しい電源ユニットと熱管理システムが採用されているため、Mac Studioに対応していないシステムモニタアプリでは表示されないセンサー情報が複数ありますが、

Mac Studioの熱管理システム

TG Pro v2.67では、このMac StudioのMac13,1とMac13,2のCPUやGPU, メモリ, 電源ユニット, Thunderboltの温度情報やファンの回転数の表示と制御に対応したそうです。TG Proのシステム要件はOS X 10.11 El Capitan以上で、価格は10ドル(50%OFF)となっていますが、14日間利用可能なトライアル版も公開されているので、Mac Studioユーザーの方は試してみてください。

追加サポートされたMac

  • Mac13,1 : Mac Studio (2022) M1 Maxチップモデル
  • Mac13,2 : Mac Studio (2022) M1 Ultraチップモデル

TG Pro v2.67

TG Pro is the first app available to monitor the internal temperatures of the Mac Studio, including the CPU cores (Efficiency & Performance), GPU, memory, power supply, Thunderbolt, airflow around different areas of the case and more. In addition, it has full fan control to monitor the speeds or boost them to help cool down the Mac if needed.

Mac Studio gets temperature monitoring & fan control – Tunabelly Blog

スポンサーリンク

おまけ

 ちなみに、現在のところiStat MenusはMac Studioに対応しておらず、SSDの温度情報しか表示されません。