Apple、iOS 14.8/iPadOS 14.8のセキュリティコンテンツをアップデート。iOS 15/iPadOS 15と同じ脆弱性を複数修正。

スポンサーリンク

 AppleがiOS 14.8/iPadOS 14.8のセキュリティコンテンツをアップデートし、iOS 15/iPadOS 15アップグレードで修正したのと同じ脆弱性を複数修正していると発表しています。詳細は以下から。

iOS 15

 Appleは現地時間2021年09月13日、2件のゼロデイ脆弱性を修正したiOS 14.8/iPadOS 14.8をリリースしていましたが、本日(現地時間20日)、そのセキュリティコンテンツをアップデートし、10件(CVEベースで12件)の脆弱性をiOS 14.8/iPadOS 14.8で修正済みであると発表しています。

iOS 14.8 and iPadOS 14.8

Entry added September 20, 2021

About the security content of iOS 14.8 and iPadOS 14.8 – Apple

 Appleはこれまで、iOS/iPadOSのメジャーアップグレードがリリースされた段階で、旧iOS/iPadOSのセキュリティアップデートを打ち切っていましたが、本日リリースされたiOS 15/iPadOSO 15ではmacOSと同じく、重要なセキュリティアップデートを受け取りながら旧iOS 14.xを利用することが可能になっており、

iOS 15リリース前とリリース後のiOS14デバイス

iOS 14.8セキュリティアップデートを受け取らずiOS 15リリースまで保存してあったiPhone

本日iOS 14.8/iPadOS 14.8に追加された修正済みの脆弱性はiOS 15/iPadOS 15でも修正されているので、今後はiOS 15.x/iPadOS 15.xアップデートと並行してiOS 14.x/iPadOS 14.xセキュリティアップデートがリリースされていくものと思われます。

About the security content of iOS 15 and iPadOS 15