iOS 15のApp Storeではインストール済みアプリのスクリーンショットが非表示になり、より多くのアプリが見つけられるように。

スポンサーリンク

 iOS 15のApp Storeではインストール済みアプリのスクリーンショットが非表示になり、より多くのアプリが見つけられるようになりました。詳細は以下から。

App Store

 iOSアプリの開発者にとって、公開したアプリがApp Store内検索の何番目に表示されるかはダウンロード数に直結する大きな問題ですが、Appleが現地時間2021年09月21日にiPhone 6sやiPhone SE(第1世代)以降のiPhone向けにリリースした「iOS 15」では、このApp Storeがアップデートされ、インストール済みアプリのスクリーンショットが検索結果に表示されないようになっています。

iOS15とiOS14のApp Store

iOS 15とiOS 14のApp Store

 これにより、ユーザーが既にインストール済みのアプリやゲームと同じカテゴリのアプリ/ゲームをApp Storeで検索した際、初めに表示されるファーストビュー(Above the fold)に、これまで表示されなかったアプリが見えるようになり、ユーザーは少ないスクロールでアプリを発見できるようになっているので、iOS 15ユーザーが増えればApp Store内検索で3位や4位以下だったアプリのダウンロード数も増えるかもしれません。

iOS15とiOS14のApp Store

おまけ

 iPadOS 15のApp Store内検索のデザインはポートレート/ランドスケープモードともに変更されていません。

iPadOS15のApp Store検索