iOS 15ではテキストカーソルに拡大ルーペが復活し、テキストを正確に選択可能に。

スポンサーリンク

 iOS 15ではテキストカーソルに拡大ルーペが復活し、指で隠れたテキストも的確に選択可能になりました。詳細は以下から。

iOS 15

 Appleは現地時間2021年09月21日、iPhone 6sやiPhone SE(第1世代)以降のiPhone、iPad(第5世代)やiPad Air 2、iPad mini 4以降のiPad向けに「iOS 15/iPadOS 15」をリリースしましたが、このiOS 15/iPadOS 15ではテキスト選択時に表示されるセレクター(|)に拡大ルーペが表示されるようになりました。

 この拡大ルーペ機能はiOS 12まで利用できましたがiOS 13で廃止され、iOS 14でも利用できない状態が続いていました、しかし、今回リリースされたiOS 15/iPadOS 15ではこの拡大ルーペがデザインも刷新され復活しています。

iOS15とiOS12の拡大ルーペ

 拡大ルーペの使い方はiOS 12までと同じく、指でテキストを長押しするとタッチした場所の上に表示されるので、フォントサイズの小さい&指の下に隠れてしまったテキストもセレクターで正確に選択できるようになっています。

iOS15のテキストカーソルと選択のための拡大ルーペ

コメント

  1. 匿名 より:

    iOS15のは地味に「拡大」じゃなくなってますよね?
    純粋に指で隠れてしまう部分を見せるためのUIになってる。

  2. 匿名 より:

    ルーペがなくてもあまり不便を感じなかったなぁ

  3. 匿名 より:

    これなくしたいんですけどできませんか?

  4. 匿名 より:

    邪魔で仕方ない。なくしたい。