iOS 15リリース後もmacOSと同じく、セキュリティアップデートを受けながら旧iOS 14を使い続けることが可能に。

スポンサーリンク

 iOS 15リリース後もmacOSと同じく、セキュリティアップデートを受けながら旧iOS 14を使い続けることが可能になっています。詳細は以下から。

iOS 15

 Appleは現地時間2021年09月21日、iPhone 6sやiPhone SE(第1世代)以降のiPhone、iPad(第5世代)やiPad Air 2、iPad mini 4以降のiPad向けに「iOS 15/iPadOS 15」をリリースしましたが、このiOS 15/iPadOS 15では07月に追加発表されたとおり、最新のiOS 15アップグレードを受け取らず、旧iOS 14のセキュリティアップデートを受け取り、iOS 14.x/iPadOS 14.xのiPhoneやiPadを使い続けることが可能になっています。

iOS 15リリース前とリリース後のiOS14デバイス

iOS 14.8セキュリティアップデートを受け取らずiOS 15リリースまで保存してあったiPhone

 iOS/iPadOSのアップグレードでは例年、アプリやデバイスとの互換性や初期リリース時の不具合が問題となり、それらが解消されるまでアップグレードを控えるよう開発者やベンダーが度々コメントしていたため、AppleはWWDC21でエンタープライズ向けに公開したセッション10129Manage software updates in your organizationで、iOS 15/iPadOS 15のアップグレード時にはアップグレードを行うか、セキュリティアップデートを受け取りながら旧iOS 14を使い続けるかの2つのアップデートオプションを提供すると発表していました。

ソフトウェアアップデート
iOSでは、2つのソフトウェアアップデートバージョンのどちらをインストールするか、設定アプリで選べる場合があります。iOS 15の最新バージョンがリリースされたらすぐにアップデートを行って、最新の機能と最も充実したセキュリティアップデートを利用することも、重要なセキュリティアップデートを利用しつつ、iOS 14を使い続けることもできます。

iOS 15で利用できる新機能。より

 この方法はmacOSでは既に採用されており、現在も最新のmacOSとなるmacOS 11 Big Surへアップグレードせずに、安定した2世代前のmacOS 10.14 Mojaveと1世代前のmacOS 10.15 Catalinaまでにセキュリティアップデートの提供が続いているため、今後はiOS/iPadOSも最新のアップグレードをすぐにインストールせず、不具合や互換性の問題が修正されたiOS 15.x/iPadOS 15.xでアップグレードを行えばよくなります。

iOS 15のソフトウエア・アップデート

このため、今後は最新のiOS/iPadOSのシェアが少なくなると思われます。

コメント

  1. 匿名 より:

    常に最新のOSの支配率が高いことがiOSの良いところで、開発会社も古いOSを切り捨てやすかったというところもあり、個人的にはあまり良い選択だとは思えない。それにIT苦手なユーザほど自分からOSアプデを選択するとは思えないから、無理にでも更新させた方がいいと思う。

    Macは仕事で使っている人も多いだろうし、古いアプリが使えなくなると困る人もいるだろうからまだわかるんだけど。