Logitech、カスタマイズ可能な絵文字キー搭載のメカニカルキーボード「Logi POP Keys」をサポートした「Logi Options for Mac」をリリース。

スポンサーリンク

 Logitechがカスタマイズ可能なPOPキーを搭載した「Logi POP Keys」キーボードをサポートした「Logi Options for Mac」をリリースしています。詳細は以下から。

マウス&キーボードユーティリティアプリ「Logicool Options」のアイコン。

 スイスLogitech(日本ではLogicool)は現地時間2021年09月07日、同社のキーボードやマウスの設定を拡張できるユーティリティアプリ「Logi Options for Mac」をv 9.20.265へアップデートし、新たにカスタマイズ可能な絵文字キーなどを備えた「Logi POP Keys」キーボードをサポートしたと発表しています。

Logi POP Keys

Why Update?

  • Support for Logi POP Keys
  • General bug fixes

Logicool Options – Logicool サポート

 Logi POP KeysはLogitechが先月、中国や上海向けに発売したメカニカルデザインのBluetoothキーボードで、右サイドに絵文字やショートカットを割り当てられるカスタマイズ可能な4つの絵文字キーを搭載し、3台のデバイスとペアリングしてキー1つで切り替えられる「Easy-Switch」やMac/Windows間でマウスのカーソルやクリップボード履歴をシームレスに共有できるLogitech Flowにも対応。

Logi POP Keys 3 colors Hero

 サイズは321.2 x 138.47 x 35.4 mm、重さ779 g、Bluetooth 5.1に対応し単三電池2本で最大3年の使用が可能で、カラーは梦幻色, 热力黄, 电幻粉の3色が用意されており、公式ストアでの価格は各799人民元(1万3千円程度)。今回のLogi Options for MacのアップデートでMacでもLogi POP Keysをカスタマイズできるようになっているので、今後グローバルモデルが発売されれば直ぐに利用できるはずです。

コメント

  1. 匿名 より:

    20コくらい増やした方が絶対需要ある。
    ソフトウェアは進化するのに、キーボードの進化の無さは謎。