利用しているサブスクリプション・サービスの登録日や合計金額などを管理できるmacOS/iOSアプリ「Subtrack」がリリース。

スポンサーリンク

 利用しているサブスクリプション・サービスの登録日や合計金額などを管理できるmacOS/iOSアプリ「Subtrack」がリリース。ます。詳細は以下から。

Subtrack

 ここ数年の間に多くのWebサービスやアプリが一定期間の利用権を月額/年額で支払うサブスクリプション制に移行しましたが、ユーザーが利用しているサービスやアプリのサブスクリプション情報をまとめ、登録日や更新日、合計金額などを管理できるアプリ「Subtrack」がリリースされています。

Subtrack for Mac Track Subscriptions

Subtrack is a gorgeous and powerful privacy-friendly subscriptions and expenses tracker. Never miss a due date.

‎Subtrack: Track Subscriptions – App Store

 SubtrackはインターネットラジオアプリPocket Radioなどを開発&販売しているインドのMohit Nandwaniさんが新たに公開したアプリで、Mac CatalystでmacOS/iOSのクロスプラットフォームに対応し、登録したサビスクリプションのデータをMacとiPhone/iPadで同期可能なほか、Siri Shortcutsやダークモードにも対応。

Subtrack Track Subscriptions iPhone

システム要件はmacOS 10.15 Catalina/iOS 13以上。

 アプリには予め300以上のサブスクリプションサービスがプリセットされているため、素早くサブスクリプション名やアイコンをセットでき、他のアプリでサブスクリプションの料金を管理できるようCSV形式でデータを書き出すことも可能です。

Subtrack Track Subscriptions Mac

 アプリに登録できるサブスクリプションサービスの上限数やCSV形式でのデータの書き出し、Dock/ホームスクリーンアイコンの変更などは2.99ドル(370円)でSubtrack Proをアンロックする必要がありますが、アプリは無料で最大3つのサブスクリプションサービスを登録/iCloud同期できるので、サブスクリプションの情報を整理したい方は試してみてください。