電力消費がIntel Mac miniの3分の1となったMac mini (M1, 2020)は排気熱の温度も10度ほど低い。

スポンサーリンク

 電力消費がIntel Mac miniの3分の1となったMac mini (M1, 2020)は排気熱の温度も10度前後低くなっています。詳細は以下から。

Mac miniのアイコン。

 Appleが2020年11月に販売を開始したApple M1チップ搭載のMac mini (M1, 2020)はデスクトップMacであるため、電力消費量(W)と熱出力(BTU/h)がデータとして公開されており、その消費電力はCPU最大稼働時でMac mini (2018)の約3分の1になっていることが知られていますが、

Mac mini (M1, 2020)の消費電力

電力消費 熱出力
Mac mini (M1, 2020)
待機中 CPU最大稼働時 待機中 CPU最大稼働時
6.8 W 39 W 23.2 BTU/h 133 BTU/h
Mac mini (2018)
待機中 CPU最大稼働時 待機中 CPU最大稼働時
19.9 W 122 W 68 BTU/h 417 BTU/h

USB4/ThunderboltやHDMIなどのI/Oポートにアクセスしやすいよう、Mac mini (M1, 2020)の背面(I/Oポート面)を手前に向けて利用している同僚のMac miniユーザーによると、夏の暑さに合わせて冷房を入れて冷えきってしまった部屋でもMac mini (M1, 2020)は前世代のIntel Mac mini (2018)と比較して排気口から出てくる空気に熱さをほぼ感じないといういことなので、お盆休み中使わなくなったMac miniをお借りしてチェックしてみました。

Mac mini (M1, 2020)のIOポート

スポンサーリンク

Mac miniの排気

 排気の温度測定に利用したのは以前もお借りしたMac mini (M1, 2020)Mac mini (2018)のフルスペックモデルで、プロセッサはMac mini (M1, 2020)がApple M1チップ、Mac mini (2018)がIntel Core i7-8700Bとなっています。

Mac mini (M1, 2020) Mac mini (2018)
Macについて Mac mini (M1, 2020)のこのMacについて Mac mini (2018)のこのMacについて
プロセッサ Apple M1チップ Intel Core i7-8700B
クロック数 3.2GHz 3.2GHz
(TB 4.60GHz)
電力消費
(待機中/最大稼働時)
6.8W/39W 19.9W/122W
メモリ 16GB
(LPDDR4X)
64GB
(DDR4 2666MHz)

 測定はMac miniの筐体を壁に立て掛け、裏蓋を外した状態で排気が壁に当たるように設置、Mac miniの底面と排気があたる壁の温度を測定しており、Mac miniの筐体と排気の温度測定にはiPhoneやAndroidに接続いて熱画像を撮影できるFLIR ONE ProのLT版(4800画素:80 x 60)を利用し、CPU使用率はopensslコマンドで論理コア全てに負荷をかけ続けています。

Mac mini (M1, 2020)とMac mini (2018)

openssl speed -multi `getconf _NPROCESSORS_ONLN`
FLIR ONEはiPhone(Lightningモデル)やAndroid(USB-Cモデル)に接続して熱画像を撮影できますが、LE版は画素数が少ないのとアプリ[iPhone/Android]のアップデートの度に不具合が出ているのであまりオススメしません。

 結果は以下の通り、Intelプロセッサを搭載したMac mini (2018)は排気により壁の温度が直ぐに35度を超える一方、Apple M1チップを搭載したMac mini (M1, 2020)は約4分(動画の再生速度はx2倍速)経過するまで25~27度をキープしており、底面の温度もMac mini (2018)は最高点が35度を超えるのに対し、Mac mini (M1, 2020)は最高でも27.5度となっていました。

赤外線サーモグラフィの熱画像とカメラの可視画像を重ね合わせて表示するMSXの映像がずれているのはFLIRアプリの不具合です。

 測定後に、Mac miniの排熱口の温度をチェックしてみたところ、Mac mini (2018)が約43度だったのに対し、Mac mini (M1, 2020)は約33度となっていたので、Mac mini (2018)からMac mini (M1, 2020)に乗り換えると涼しい夏を送れるかもしれません。

Mac mini (M1, 2020)とMac mini (2018)の排気温度

おまけ

 ちなみに、Mac mini (M1, 2020)は筐体のサイズが旧Mac miniシリーズから変化していない一方、Apple Siliconの採用に伴いユニファイドメモリ化&USB4/Thunderboltポートの削減により筐体内上部の約50%は空となりエアフロー(冷却効率)が上がっているそうです。

Mac mini (M1, 2020)とMac mini (2018)の内部

Mac mini (M1, 2020)とMac mini (2018)の内部

コメント

  1. 匿名 より:

    Mac mini M1のレビューで爆熱になるとか書いているのは嘘ということか

  2. 匿名 より:

    ファンの回転数も1700くらいで張り付いたままでブン回ってるのを見たことない

  3. アップルメン より:

    効率すごいなぁ。
    M1の次世代チップにも期待しちゃいますね。

  4. 匿名 より:

    実際にMac mini (2018)からMac mini (M1, 2020)に乗り換えましたが、ちょっと頑張らせてもファンが全開になったりしないですし、本体も2018年モデルより熱くないです。

    メモリ16GBでも問題ない使い方であれば良い選択だと思います。