Apple、WWDC21のスケジュールを発表。基調講演は日本時間6月8日午前2時からオンラインで開催。

スポンサーリンク

 AppleがWWDC21の基調講演を日本時間6月8日午前2時から開催すると発表しています。詳細は以下から。

Apple Developer

 Appleは2021年03月、例年06月に開催している世界開発者会議(WWDC)を、今年は現地時間の06月07日から開催すると発表していましたが、本日(05月24日)新たにそのWWDC21のスケジュールが公開されています。

WWDC21のスケジュール

Apple基調講演 6月7日午前10時(日本時間6月8日午前2時)
WWDC21は、今年後半にすべてのAppleプラットフォームで登場するエキサイティングな新しいアップデートの発表からスタートします。基調講演はApple Parkから直接、apple.com/jp、Apple Developerアプリケーション、Apple TVアプリケーション、YouTubeを通じて配信され、配信終了後はオンデマンド再生で視聴できます。

Appleの完全オンラインの世界開発者会議、6月7日の基調講演からスタート – Apple

 WWDC21は例年同様に現地時間06月07日午前10時、日本時間06月08日午前02時からの基調講演でスタートし、日本時間午前06時からはPlatforms State of the Union、その後Apple Design Awardsや各セッションが開始されるそうで、基調講演やセッションを含め全てのコンテンツはApple DeveloperアプリとWebサイトで公開されるそうなので、気になる方はアプリやサイトをチェックしてみてください。

WWDC21のスケジュール

各セッションの詳細は今後発表されるそうですが、基調講演は公式サイトやYouTubeで配信されるそうです。