Apple、WWDC2018の基調講演をライブストリーミングすると発表。推奨デバイスはiOS 10/macOS 10.12 Sierra以降に。

スポンサーリンク

 AppleがWWDC 2018の基調講演をライブストリーミングすると発表しています。詳細は以下から。

WWDC 2018 logo

 Appleは現地時間2018年05月22日、各メディアに対し米カリフォルニア州で現地時間2018年06月04日 ~ 08日にかけて開催する世界開発者会議WWDC 2018の基調講演を現地時間(PDT)06月04日午前10時、日本時間(JST)05日午前02時から開催すると発表しましたが、加えてAppleのイベントサイトを更新し、この基調講演をライブストリーミングで配信すると発表しています。

Watch the keynote 6/4 at 10 a.m. PDT.

This stream is best experienced on an iPhone, iPad, or iPod touch using Safari on iOS 10 or later; a Mac using Safari on macOS Sierra 10.12 or later; or a PC using Windows 10 and Microsoft Edge. Streaming to Apple TV via AirPlay requires an Apple TV (2nd generation or later) with the latest Apple TV software or tvOS. Other platforms may also be able to access the stream using recent versions of Chrome or Firefox (MSE, H.264, and AAC required).

Apple Events – WWDC Keynote, June 2018 – Apple

 今回のライブストリーミングでは各デバイスのシステム要件(best experienced)がアップデートされ、iOSはiOS 11デバイス、MacはmacOS 10.12 Sierra以降搭載のSafariが推奨されており、また、MacやWindows PC以外のプラットフォームでもChromeやFirefoxを利用した視聴が可能となっている様です。

Apple Special Event,
March 2018の視聴要件
WWDC2018の視聴要件
iOSデバイス iOS 9以降の
iPhone/iPad/iPod TouchのSafari
iOS 10以降の
iPhone/iPad/iPod TouchのSafari推奨
Mac OS X 10.11 El Capitan以降に
搭載されたSafari
macOS Sierra 10.12以降の
Safari推奨
PC Windows 7,8,10で、
Windows 10ではMicrosoft Edge推奨
Windows 10の
Microsoft Edge推奨
Apple TV Apple TV software 6.2 以上の
第3世代 Apple TVまたはApple TV (第4世代)
AirPlayを利用したApple TVの場合は
最新のApple TV softwareまたはtvOSを
搭載した
備考 他のプラットフォームでも
MSE, H.264, AACをサポートした
Chrome/Firefoxで視聴可能

 AppleはWWDC 2018を前に、Xcode v9.3Final Cut Pro v10.4.1[1]、次期Safari Technology Previewでシステム要件をmacOS 10.13 High Sierra以降へと引き上げており、イベントサイトではカレンダー用のicsファイルも公開されているので、視聴される方は公式サイトをチェックしてみてください。