Apple、macOS 10.14 MojaveとmacOS 10.15 Catalina向けに複数の脆弱性を修正した「セキュリティアップデート 2021-004/-003」をリリース。

スポンサーリンク

 AppleがmacOS 10.14 MojaveとmacOS 10.15 Catalina向けに複数の脆弱性を修正した「セキュリティアップデート 2021-004/-003」をリリースしています。詳細は以下から。

macOS 10.15 Catalina

 Appleは現地時間2021年05月24日、Mac/iOSデバイス向けにPodcastサブスクリプションをサポートしたmacOS Big Sur 11.4iOS/iPadOS 14.6をリリースしましたが、同時に、現在もセキュリティサポートを続けているmacOS 10.14 MojaveおよびmacOS 10.15 Catalina向けに「セキュリティアップデート 2021-004/-003」をリリースしています。

macOS Catalinaセキュリティアップデート2021-003

macOS Catalinaセキュリティアップデート2021-003 10.15.7
セキュリティアップデート2021-003をすべてのユーザに推奨します。このアップデートを適用するとmacOSのセキュリティが向上します。

リリースノートより

 Appleのセキュリティコンテンツによると、セキュリティアップデート2021-004 MojaveではCVEベースで43件、セキュリティアップデート2021-002 CatalinaではCVEベースで48件の脆弱性が修正されており、中にはGatekeeperのチェックをバイパスし悪意のあるコードが実行させる可能性のあるApple Scriptの脆弱性や、

macOS Catalinaセキュリティアップデート2021-003

リモートの攻撃車により、アプリが予期せず終了したり任意のコードが実行される可能性のあるAMDやグラフィックドライバの脆弱性が修正されており、アップデート後のBuild Numberは以下の通りなので、Mojave/Catalinaユーザーの方は時間を見つけてアップデートすることをお勧めします。

セキュリティアップデート後のビルドナンバー

Version
Build
macOS 11 Big Sur macOS 10.15
Catalina
macOS 10.14
Mojave
macOS 11 Big Surのロゴ macOS 10.15 Catalina
2020年11月12日の
アップデート
macOS 11.0.1
20B29
(初期リリース)
macOS 10.15.7
19H15
macOS 10.14.6
18G6032
2020年12月14日の
アップデート
macOS 11.1 Big Sur
20C69
macOS 10.15.7
19H114
macOS 10.14.6
18G7016
2021年02月01日の
アップデート
macOS 11.2 Big Sur
20D64
macOS 10.15.7
19H512
macOS 10.14.6
18G8012
2021年04月26日の
アップデート
macOS 11.3 Big Sur
20E232
macOS 10.15.7
19H1030
macOS 10.14.6
18G9028
2021年05月24日の
アップデート
macOS 11.4 Big Sur
20F71
macOS 10.15.7
19H1217
macOS 10.14.6
18G9216