Apple非公式のWWDCアプリ「WWDC for macOS」がApple SiliconとmacOS 11 Big Surに対応。

スポンサーリンク

 Apple非公式のWWDCアプリ「WWDC for macOS」がApple SiliconとmacOS 11 Big Surに対応しています。詳細は以下から。

WWDC for macOS

 Appleは例年06月に開催している世界開発者会議(WWDC)を今年もオンライン形式で現地時間(PDT)の2021年06月07日から開催すると発表しましたが、それに先駆けてApple非公式のWWDCアプリ「WWDC for macOS v7.2」がリリースされています。

WWDC for macOS v7.2

Version 7.2

  • Universal build for Intel and Apple Silicon
  • Updated app icon for macOS Big Sur
  • User interface adjustments for macOS Big Sur

リリースノートより抜粋

 WWDC for macOSはAppleがWWDCをサポートした公式のDeveloperアプリをリリースする前の2015年からブラジルのエンジニアで現在は9to5MacのエディアでもあるGuilherme Ramboさん中心となりオープンソースで開発しているアプリで、Webで公開されているWWDCの基調講演やセッション、セッションのトランスクリプト、PDFなどの資料をダウンロード&管理することができますが、

WWDC for macOS v7.2

今回アップデートされた「WWDC for macOS v7.2」では、IntelとApple Silicon MacをサポーしたUniversal 2 Binaryとなり、インターフェイスもmacOS 11 Big Surに合わせてアップデートされています。

WWDC for macOS v7.2のApple SIlicon

 WWDC for macOSアプリで利用可能な機能はほぼDeveloperアプリでも利用可能になりましたが、基調講演やセッションのトランスクリプト管理やChromecastへの転送、CocoaHubコミュニティのブラウジング機能など、一部はサードパーティ製アプリでしかサポートできない機能も実装されているので、興味のある方はチェックしてみてください。