パッケージマネージャーHomebrew用GUIクライアント「Cakebrew」がApple Siliconに対応。

スポンサーリンク

 パッケージマネージャーHomebrew用GUIクライアント「Cakebrew」がApple Siliconに対応しています。詳細は以下から。

Cakebrew

 CakebrewはドイツKlimaのiOSエンジニアのBruno Philipeさんが2014年からオープンソースで開発しているMac用パッケージマネージャーHomebrewのGUIクライアントですが、このCakebrewがv1.3アップデートでApple Siliconに対応しています。

Apple Silicon MacをサポートしたCakebrew v1.3

Cakebrew v1.3

  • Improvement: Updated UI for macOS Big Sur
  • Improvement: Cakebrew is now a Universal App (Intel and Apple Silicon)

リリースノートより抜粋

 CakebrewはHomebrewのアップデートはもちろん、formulaeの検索やインストール/アンインストール、アップデートが可能で、Cakebrew v1.3ではIntelとApple SiliconをサポートしたUniversal 2 Binaryとなったほか、UIがmacOS 11 Big Surに最適化され、イタリア語のローカリゼーションの追加やアプリのクラッシュを引き起こすメモリ管理の問題が修正されたそうなので、HomebrewもGUIで操作したいという方は試してみてください。

Cakebrew Homebrew GUI for macOS

brew install --cask cakebrew

Cakebrew v1.3

  • Improvement: Updated UI for macOS Big Sur
  • Improvement: Fixes to French localization
  • Improvement: Added Italian localization
  • Improvement: Cakebrew is now a Universal App (Intel and Apple Silicon)
  • Fixed: Cakebrew should no longer list empty results on the formulae lists or empty counts on the sidebar.
  • Fixed: Various interface issues around the app
  • Fixed: Memory mismanagement issues that could cause sporadic crashes while running brew commands