Nikon、ニコンのデジタルカメラをMac/PCにUSB接続しZoomなどのビデオ会議システムでWebカメラとして利用できるようにする「Webcam Utility for Mac/Windows」をリリース。

スポンサーリンク

 Nikonがミラーレス/デジタル一眼レフカメラをMac/PCに接続したWebカメラとして利用できるようにする「Webcam Utility for Mac/Windows」をリリースしています。詳細は以下から。

Nikon Logo

 株式会社ニコンイメージングは日本時間2020年11月04日、2020年08月からBeta版を公開して開発を続けていた、同社のミラーレス/デジタル一眼レフカメラをUSBケーブルでMac/PCに接続しWebカメラとして利用するようにできるユーティリティ(プラグイン)「Webcam Utility for Mac/Windows」を正式にリリースしたと発表しています。

Webcam Utility for Mac/Windows

パソコン用ソフトウェア「Webcam Utility」は、オンライン会議の普及とともに高まるWebカメラへの需要に応えるため、ニコンのミラーレス・デジタル一眼レフカメラをWebカメラとして使用可能にするソフトウェアです。「Webcam Utility」をパソコンにインストールし、対象のカメラをUSBケーブルで接続することで、高画質なWebカメラとしてご使用いただけます。
今回の「Webcam Utility」正式版はWindows、macOSそれぞれに対応しています。

ニコンのミラーレス・デジタル一眼レフカメラをWebカメラとして使用可能にするソフトウェア「Webcam Utility」正式版を公開 – ニコンイメージング

 NikonのWebcam Utility for MacはSonyのImaging Edge Webcam for Macと同じくDAL(Device Abstraction Layer)プラグインとなっており、インストールすることでZoomやGoogle Meetなどのビデオ会議システムへNikoのデジタルカメラをWebカメラとして接続することができます。

Webcam Utility for Mac with Zoom

/Library/CoreMediaIO/Plug-Ins/DAL/NikonWebcamUtility.plugin

 Webcam Utility for Mac/Windowsは無償で公開されており、システム要件はmacOSがmacOS 10.13 High SierraおよびmacOS 10.14 Mojave、macOS 10.15 Catalina、WindowsがWindows 10(64bit版)、対応カメラは以下の通りで、今後発売のデジタルミラーレス/デジタル一眼レフカメラもサポートするそうなので、Nikonユーザーの方はチェックしてみてください。

対応カメラ

  • Z 7II (2020年12月発売予定)
  • Z 7
  • Z 6II (2020年11月6日発売予定)
  • Z 6
  • Z 5
  • Z 50
  • D6
  • D5
  • D850
  • D810
  • D780
  • D750
  • D500
  • D7500
  • D7200
  • D5600
  • D5500
  • D5300
  • D3500
スポンサーリンク

おまけ

 Webcam Utility for MacでMicrosoft TeamやSkype、Zoom Facebook Messenger、Google MeetなどのWeb版のビデオ会議システムを利用する際はGoogle Chromeを使用する必要があり、Zoomなどのアプリは仮想カメラをサポートしていることが前提で、デジタルカメラのマイクは非対応など、カメラによって様々な注意事項があるそうなので、ユーザーの方は注意事項の項目を

Webcam Utility for Macの注意事項