Wi-Fiの強度やネットワーク情報をMacのメニューバーに表示してくれる「WiFi Signal」がBig SurとApple Silicon、Wi-Fi6に対応。

スポンサーリンク

 Wi-Fiの強度やネットワーク情報をMacのメニューバーに表示してくれる「WiFi Signal」がBig SurとApple Silicon、Wi-Fi6に対応しています。詳細は以下から。

WiFi Signal 2021

 WiFi SignalはMac用ネットワークユーティリティWiFi Explorerなどを開発しているAdrian Granadosさんが、メニューバーから接続しているネットワーク情報を素早く確認するために開発したネットワークユーティリティアプリですが、このWiFi Signalがv4.4アップデートでmacOS 11 Big SurとApple Silicon Macに対応しています。

WiFi Signal

WiFi Explorerは既にmacOS 11 Big SurとApple Silicon Macに対応済みです。

 WiFi Signal v4.4ではIntelとApple Siliconに対応したUniversal 2 Binaryになったほか、Wi-Fi 6 (802.11ax)がサポートされ、通知に[Preference]の[Annotations]に設定したWi-Fiの情報を追加できるようになっているので、ユーザーの方はアップデートしてみてください。

WiFi SignalがWi-Fi6をサポート

リリースノート

  • Adds support for Wi-Fi 6 (802.11ax).
  • Adds the ability to display annotations in notifications (see Preferences > Notifications).
  • Adds the ability to display the number of spatial streams (supported Mac models only) in the status display using pattern %L (see Preferences > Status).
  • Adds support to display annotations created in WiFi Explorer Pro 3 automatically.
  • Removes support for maximum transmit data rate as this metric is no longer reported accurately by the Wi-Fi adapter.
  • Fixes crash that may occur when viewing event logs.
  • New app’s icon and help book.
  • Other bug fixes and improvements.