Cindori、AppleのグラフィックスAPI「Metal」に最適化したVRデスクトップアプリ「VR Desktop for Mac v2.0」のBetaユーザーを募集。

スポンサーリンク

 CindoriがAppleのグラフィックスAPI「Metal」に最適化したMac用VRデスクトップアプリ「VR Desktop for Mac」のBetaユーザーを募集しています。詳細は以下から。


 Macのシステム設定ウィンドウCommand CenterやTrimユーティリティTrim EnablerやDisk Senseiなどを開発&販売しているスウェーデンのCindori ABは2019年01月、今年のビジョンとして2017年に発売したMac用VRデスクトップアプリVR Desktop for MacをAppleのMetalで最適化して再リリースする方向で動いていると発表しています。

VR Desktop for Mac macOS 10.13 High Sierra

We’ve been working hard on a new version VR Desktop built with our own Metal rendering engine. We are starting to get close to having enough functionality to put out a Beta. Despite our best efforts, VR on the Mac is still moving very slowly and certain features like Motion Smoothing would be ideal to have in place before we launch the app publicly. That is completely up to Valve to add support for. Meanwhile, we will continue to improve on VR Desktop and getting the app ready for release as VR on macOS continues to mature.

We’re Back – Cindori

スポンサーリンク

新しいVR Desktop

 CindoriのOskarさんによると、自身がVR Desktop for Mac v1.xをリリースした際はアプリでMacのグラフィックパフォーマンスを最大限に発揮できず、自身もNVIDIAのGPU+Hackintoshで開発していたそうですが、

VR Desktop 2.0 Beta supports the HTC Vive on macOS High Sierra 10.13.2. Performance has been heavily optimized, and VR Desktop 2.0 only uses about 10% CPU of a 2016 Macbook Pro. Together with an eGPU running AMD Radeon RX 580 8GB, even this 2 years old Macbook Pro can drive VR Desktop at a solid 90 FPS while utilizing about 50% of the GPU.

VR Desktop 2.0 Beta [HTC Vive + eGPU Support] – Cindori

Appleが2016年以降に発売したThunderbolt 3対応のMacBook ProなどではeGPUがサポートされ、Swift 4, Metal 2, SteamVRへの最適化が進んできたことで、AMD Radeon RX 580 8GBとHTC Vive、そして2年前に発売されたMacBook Pro 2016を利用してもVR DesktopのCPU使用率を約10%、FPSが90でもeGPU使用率を約50%抑えることに成功しているそうで、

そのため新しいVR Desktop for Mac(v2.0?)のシステム要件はmacOS 10.14 Mojave以降とHTC ViveおよびMojaveでサポートされたVive Proとなるそうですが、現在Betaユーザーを募集しているので、対象のVRヘッドセットとMacをお持ちの方で興味のある方はサインアップしてみてください。

新しいVR Desktop for MacはSteamVR for Macがモーションスムージングに対応するまで一部機能が利用できない可能性があるそうです。