オープンソースのターミナルエミュレータ「Terminus」がApple Siliconに対応。

スポンサーリンク

 オープンソースのターミナルエミュレータ「Terminus」がAlpha 123でApple Siliconに対応しています。詳細は以下から。

Terminus

 Terminusはドイツでメディア向けのストレージサービスを提供しているSyslink GmbHのEugene Pankovさんらが中心となって開発しているオープンソースのターミナルエミュレータで、ElectronやTypeScriptを利用しクロスプラットフォームに対応していますが、このTerminusがApple Siliconに対応したAlpha版を公開しています。

Terminus for Mac Apple Silicon

Terminus Alpha 123

  • Added ARM macOS builds 🍏 (by @pinpin)
  • Intel macOS builds now Rosetta 2 compatible 🍎

Eugeny/terminus: A terminal for a more modern age – GitHub

 Apple Siliconに対応したTerminusはVisual Studio Code (Insiders)と同様に、Electronが現段階でUniversalアプリをサポートしていないためApple Silicon専用バイナリとなっていますが、Intel-Onlyのターミナルエミュレータとは違い、arm64アーキテクチャでCLIツールが実行できるので、興味のある方は試してみてください。

neofetch support Apple Silicon M1

neofetchもApple Siliconに対応したターミナルを利用するとCPUが「VirtualApple」ではなく「Apple M1」と正しく表示されます。