Phase One、macOS 11 Big SurとWindows 10 20H2をサポートした「Capture One 20 (v13.1.4)」をリリース。Apple Siliconのサポートは今後。

スポンサーリンク

 Phase OneがmacOS 11 Big SurとWindows 10 20H2をサポートした「Capture One 20 (v13.1.4)」をリリースしています。詳細は以下から。

Capture One 20

 デンマークのPhase One A/Sは現地時間2020年12月22日、プロユーザー向け写真編集アプリ「Capture One 20」をv13.1.4へアップデートし、新たにmacOS 11.1 Big SurとWindows 10 20H2をサポートしたと発表しています。

Capture One 20 (13.1.4)

Capture One 20 (13.1.4) is a service release for Mac and Windows including:

  • Bug fixes
  • Windows 10 version 20H2 support
  • MacOS 11.1 (Big Sur) support

Capture One 20 (13.1.4) release notes – Capture One

 Phase Oneは11月に最新バージョンとなるCapture One 21でなく、サポートを続けているCapture One 20でもBig Surのサポートを行うと発表していたので、今回のCapture One 20 (13.1.4)アップデートでそれが達成された形ですが、

Capture One 20と21のアーキテクチャ

Capture One 20シリーズは、ARMベースのApple Silicon MacでもRosetta 2を使用して動作するものの、ネイティブサポートは最新バージョンとなるCapture One 21の今後のアップデートで提供していくそうなので、

Native ARM support will be released in one of the next updates to Capture One 21

NOTE: Native ARM support will be released in one of the next updates to Capture One 21.

Will Capture One run on my ARM-based Apple computer? – Capture One

仕事でCapture Oneを利用されている方はApple SiliconのMacへ移行した際に、Capture Oneも最新バージョンにアップデートしないとネイティブパフォーマンスで動作しないので注意してください。