DisplayLink、macOS 11 Big Sur Betaに対応したグラフィックスドライバー用ユーティリティ「DisplayLink Manager for macOS」をリリース。

スポンサーリンク

 DisplayLinkがmacOS 11 Big Sur Betaに対応したグラフィックスドライバー用ユーティリティ「DisplayLink Manager for macOS」をリリースしています。詳細は以下から。

DisplayLink Manager

 米DisplayLink社は現在、同社のチップを採用したUSB to HDMIアダプタやドック用のレガシィなシステム/カーネル拡張(DisplayLinkDriver.kext)が次期macOS 11 Big Surでブロックされることに伴い、最新のmacOSに対応したドライバを提供するためのユーティリティアプリDisplayLink Managerの開発を行っていますが、このDisplayLink Managerがv1.1へアップデートされmacOS 11 Big SurのBeta版に対応したそうです。

DisplayLink kext blocked on macOS Catalina

macOS 10.15.4 Catalina以降でレガシーなシステム機能拡張を利用したアプリに表示されるようになった警告。

 新たにリリースされたDisplayLink Manager for macOS v1.1はmacOS 10.15 Catalina以降をサポートしており、DisplayLink Software v5.x以前のレガシィなシステム拡張が発見されて場合に、メニューバーアイコンで通知する機能に加えて、USBディスプレイデバイスでログイン画面を表示できる「Login screen extension」をダウンロード/インストールできるようになっています。

DisplayLink macOS Software

 現在のDisplayLink Managerは最大4台までしか外部ディスプレイを接続することができず、macOS 10.15 Catalinaでディスプレイの回転やクラムシェルモード、一部ディスプレイでのHiDPIモードをサポートしていないそうですが、Big Sur以降はこのDisplayLink Managerを利用する必要があるので、ユーザーの方はチェックしてみてください。

DisplayLinkチップを採用したPlugableのUSB Dock