macOS 11.3 Big Sur以降でApple Silicon Macの起動可能なシステムボリュームのバックアップ作成をサポートした「Carbon Copy Cloner v5.1.27」がリリース。

スポンサーリンク

 macOS 11.3 Big Sur以降でApple Silicon Macの起動可能なシステムボリュームのバックアップ作成をサポートした「Carbon Copy Cloner v5.1.27」がリリースされています。詳細は以下から。

Carbon Copy Clonerのアイコン。

 米Bombich Softwareは現地時間2021年05月16日、macOSの起動可能なバックアップを作成できるユーティリティ「Carbon Copy Cloner (以下、CCC)」をv5.1.27へアップデートし、macOS 11.3 Big Sur以降が搭載されたApple Silicon Macでシステムボリュームのバックアップ作成をサポートしたと発表しています。

Carbon Copy Cloner v5.1.27 support Apple Silicon Mac Bootable Backups

CCC 5.1.27 — This is a FREE update for CCC 5 license holders
✅ Bootable backups on Apple Silicon Macs running macOS Big Sur 11.3 and later

リリースノートより抜粋

 BombichのMikeさんによると、CCC v5.1.27ではmacOS 11.3でAppleがApple Software Restore(ASR)の不具合を一部修正したことでApple Silicon Macのシステムボリュームの起動可能なバックアップの作成が可能になっているものの、Apple SiliconではiOSデバイスと同じ署名済ボリュームSigned System Volume (SSV)」が採用されたことで、

macOS 11 Big Surのソフトウェア・アップデート

現在、起動可能なバックアップの作成はAppleのASRレプリケーションユーティリティのみでしか作成できないため、CCC v5.1.27では自動的にシステムボリュームのバックアップは行わず、ユーザーがバックアップの対象に”Macintosh HD”を選択し直した場合にのみ起動可能なシステムボリュームのバックアップを行うようになっているそうです。

Carbon Copy ClonerとSigned System Volume

Note that CCC will not automatically start copying the System volume on your Apple Silicon Mac.
If your backup disk does not already have an installation of Big Sur, reselect “Macintosh HD” as the source to your backup task if you would like to create a bootable backup. Or don’t do that. Instead you can continue to maintain a feature-rich, Data Only backup on these Macs, which is our primary recommendation.

リリースノートより抜粋

 CCC v5.1.27ではApple Silicon Macの起動可能なバックアップの作成がサポートされましたが、MikeさんはApple Silicon MacおよびmacOS 11 Big Sur、ASRにはAppleが今後修正するとしている複数の不具合が存在するため、ユーザーデータ(Macintosh HD – Data)のみのバックアップを行い続けることを推奨しています。

APFSパーティション

macOS 10.15 Catalina以降のAPFSボリューム構成