Apple、Apple Silicon MacのmacOSの復元に対応しパフォーマンスを向上させた「Apple Configurator v2.13.3」をリリース。

スポンサーリンク

 AppleがApple Silicon MacのmacOSの復元に対応した「Apple Configurator v2.13.3」をリリースしています。詳細は以下から。

Apple Configurator 2

 Appleは現地時間2020年12月01日、Appleデバイスのデプロイや復元を行うことができる「Apple Configurator 2」をバージョン2.13.3へアップデートし、新たに(?)、macOS 11 Big SurとApple Silicon MacのmacOSの復元に対応したと発表しています。

Apple Configurator 2.13.3

Apple Configurator 2.13.3

  • macOS Big Surに対応
  • Appleシリコンを搭載したMacコンピュータでのmacOSの復元に対応
  • iOSの復元に必要なMobileDeviceのアップデートを自動的にインストール
  • Webクリップ: マニフェストの範囲を無視する設定および送信先アプリケーションのバンドル識別子を構成可能
  • バグ修正とパフォーマンス改善

リリースノートより

 Apple Configurator 2でのApple Silicon Macのサポートは、Mac App Storeのリリースノートではv2.13.3、Apple Configurator 2のサポートページに公開しているv2.13.2となっているため、どちらかがミスだと思われますが、AppleはmacOS 11.0.1 Big Surアップデート前にM1チップを搭載したMacを復元しようとして文鎮化してしまったユーザーに対し、Apple Configurator 2を利用するように指示していたため、

Apple Configurator 2でAppleシリコンを搭載したMacを復活させる方法

Apple Configurator 2でApple Silicon Macを復活させるのに必要なMacとアプリ

Apple Configurator v2.13.2でApple M1チップを搭載したMacをサポートしており、v2.13.3では安定性とパフォーマンスが向上され、iOSの復元に必要なMobileDeviceのアップデートを自動でインストールする機能が追加されたと考えられるので、どちらにしろ、Apple Silicon Macを購入された方は、古いMacにApple Configurator 2をインストール&アップデートしておくことをお勧めします。

Whats new in Apple Configurator 2.13.2