Phase One、Apple M1チップをサポートし、FireWireによるテザリングのサポートを終了した写真編集アプリ「Capture One 21 (14.2.0)」をリリース。

スポンサーリンク

 Phase OneがApple M1チップをサポートした写真編集アプリ「Capture One 21 (14.2.0)」をリリースしています。詳細は以下から。

Capture One 21

 デンマークのPhase One A/Sは現地時間2021年05月27日、昨年12月にリリースしたプロユーザー向け写真編集アプリ「Capture One 21 (14.0.0)」をv14.2.0へアップデートし、新たにApple Silicon M1チップをサポートしたと発表しています。

Capture One 21 (14.2.0)

Capture One 21 (14.2.0) is natively supported on Apple Silicon (M1) machines. Additionally, Hardware Acceleration on Apple Silicon (M1) machines will run through Metal. Hardware Acceleration on Windows and Intel-based Apple machines still runs through OpenCL.

Release Notes – Capture One

 Capture Oneは昨年12月にリリースしたCapture One 20 v13.1.4とCapture One 21 v14.0.1がmacOS 11 Big Surをサポートしていましたが、発表されていたとおり、Apple SiliconのサポートはCapture One 21のみで、Apple Silicon MacではAppleのグラフィックAPI「Metal」を利用したハードウェア・アクセレーションが導入されているそうです。

Capture One 20と21

 Capture One 21 (14.0.1)では、Apple Siliconがサポートされた一方、FireWireによるテザリング(テザー撮影)とJPEG2000&JPEG XRが非サポートとなっているので、気になる方は30日利用可能なトライアル版を利用してみてください。

FireWire support removed

FireWire tethering is no longer support in Capture One 21 (14.2.0) and forward.Apple and Microsoft have made updates to their architecture and we can no longer maintain firewire tethering support on ARM and Intel based computers from Capture One 21 (14.2.0).It will still be possible to use Capture One 21 (14.1.1) and earlier versions for firewire tethering.To use firewire tethering make sure to run the below OS versions:

  • MacOS versions prior to 11.0 (Big Sur)
  • Windows 10 versions prior to Windows 10 build 1903

JPEG2000 & JPEG XR support removed

JPEG2000 and JPEG XR are no longer supported in Capture One 21 (14.2.0) and forward. Users will no longer be able to view, edit, or export to these formats. Existing Process Recipes using these formats have been automatically migrated to uncompressed 16-bit TIFF instead. This avoids any unwanted loss of quality.