Microsoft、IntelおよびApple Silicon Macにネイティブ対応したUniversal版の「Office 2019 for Mac v16.44」をBeta Channelで公開。12月には最小システム要件を引き上げ。

スポンサーリンク

 MicrosoftがIntelおよびApple Silicon Macにネイティブ対応したUniversal版の「Office 2019 for Mac v16.44」をBetaチャンネルで公開しています。詳細は以下から。

Microsoft Office

 Microsoftは現地時間2020年11月11日、Appleが前日に発表したApple SiliconApple M1チップを搭載したMacをサポートし、Rosetta 2を介して動作するOffice 2019 for Mac v16.43をCurrent Previewチャンネル(旧Insider Slow)向けにリリースしましたが、新たにIntelとApple Silicon Macでネイティブ動作するUniversal Binaryの「Office 2019 for Mac」をBetaチャンネル(旧Insider Fast)向けにリリースしました。

Support for Apple Silicon

 Universal Binary (Universal 2)版となったOffice 2019 for Macのバージョンはv16.44 Build 20111100で、IntelとApple Silicon Macでネイティブ動作するx86_64とarm64バイナリが同梱されているので、Apple Silicon Macを購入された方はチェックしてみてください。

Excel for Mac universal

$lipo -archs /Applications/Microsoft\ Excel.app/Contents/MacOS/Microsoft\ Excel
x86_64 arm64
スポンサーリンク

追記

 ちなみに、Microsoftは現地時間2020年11月10日からInsider版の名称を変更し、製品版がCureent Channel、月に2回更新される旧Insider Slowが「Current Channel (Preview)」、週に2回更新される旧Insider Fastを「Beta Channel」と変更しており、

Microsoft Insiderの名称

現在のOffice for Macの対応状況は以下の通りで、Appleが明日macOS 11 Big Surをリリースするため、12月のOffice 2019 for Mac v16.44アップデートでは最小システム要件をmacOS 10.13 High SierraからmacOS 10.14 Mojave以上に引き上げるそうです。

現在のOffice for Mac

  • Current Channel
    ▶macOS 11 Big Surに対応。
  • Current Channel (Preview)
    ▶macOS 11 Big Surに対応しApple Silicon MacにはRosetta 2で対応。
  • Beta Channel
    ▶Universal BinaryでIntelとApple Silicon Macにネイティブ対応。