Wacom、macOS 11 Big Sur Beta 8に対応したタブレットドライバのBeta版を公開。

スポンサーリンク

 WacomがmacOS 11 Big Sur Beta 8に対応したタブレットドライバのBeta版を公開しています。詳細は以下から。

ワコムのアイコン

 液晶タブレットなどの開発&販売を行っているWacomは日本時間2020年10月07日、Appleが現在開発者向けに公開している「macOS 11 Big Sur Beta 8」に対応したタブレットドライバ・バージョン6.3.41-2を新たに公開したと発表しています。

macOS用ドライバ(V6.3.41-2)※macOS 10.15 Catalina対応,macOS 11 Big Sur Beta8サポート

【macOS用タブレットドライバ(V6.3.41-2)】
※当ドライバはmacOS 11 Big Sur Beta8、ベータ版のサポートとなります。正式リリース版では予期せぬ症状が発生する恐れがありますのでご注意ください。また現時点macOS 11(Big Sur)へのアップデートは、お客様ご利用のアプリケーションなどで予期せぬ症状が発生する恐れがあります。リリース直後のmacOS 11へのアップデートはお控えいただくことをお勧めいたします。

macOS用ドライバ(V6.3.41-2)※macOS 10.15 Catalina対応,macOS 11 Big Sur Beta8サポート – Wacom

 WacomのタブレットドライバV6.3.41-2もmacOS 10.15 Catalinaと同じく機能拡張の利用許可とシステム環境設定の[セキュリティーとプライバシー]パネル → [アクセシビリティ]からユーザーの許可が必要で、WacomはmacOS 11 Big Surリリース直後のアップデートは予期せぬ症状が発生する可能性があるとコメントしているので、Wacomのペンタブを仕事で利用されている方は注意してください。

[セキュリティーとプライバシー]パネル