Xcodeの使用などでサーマルスロットリングが発生し、CPUスピードが落ちるとMacのメニューバーに通知してくれるユーティリティ「Hot」がリリース。

スポンサーリンク

 Macでサーマルスロットリングが発生し、CPUスピードが落ちるとメニューバーに通知してくれるユーティリティ「Hot」がリリースされています。詳細は以下から。

Hot app

 Intel CPUに限らず最近のCPUにはオーバーヒットによるトラブルを防ぐためにCPU温度が上昇するとCPUスピード(クロック数)を調整し温度を下げるサーマルスロットリングという技術が採用されていますが、このサーマルスロットリングによるCPU制限をMacのメニューバーからチェックできる「Hot」というアプリがリリースされています。

Hot for Mac app

Hot is macOS menu bar application that displays the CPU speed limit due to thermal issues.

macmade/Hot – GitHub

 HotはiTunesに代わるiPhone/iPad管理ユーティリティiMazingやXcode用ユーティリティXcleanなどを開発しているスイスDigiDNA SARLのJean-David Gadinaさんが新たに公開したメニューバー常駐型のユーティリティで、メニューバーから現在の最大CPUスピードや温度、コア数がチェックできるほか、

Hot for Macのオプション

CPU温度のメニューバー表示や60%時のテキストカラー通知はPreferencesから設定可能。

サーマルスロットリングによりCPUスピードが落ちると、グラフの🔵Speedが100%を下回り、更に60%以下になるとHotのステータスメニューのカラー色が変わる機能が備わっています。HotはMITライセンスでGadinaさんのリポジトリに公開されており、利用している環境やMacにもよりますが、Xcodeで巨大なプロジェクトをコンパイル中はCPU性能が33%程度しか発揮できないこともあるようなので、興味のある方は利用してみてください。