鞄に入れる際にも邪魔にならないようUSB-C採用のMacBookやiPad Proの側面にピッタリと設置できるT字型のMicroSDカードリーダー「TOFUstick」がKickstarterに登場。

スポンサーリンク

 鞄に入れる際にも邪魔にならないようMacBookやiPad ProのUSB-Cポートにピッタリと接続できるT字型のMicroSDカードリーダー「TOFUstick」がKickstarterで販売キャンペーンを行っています。詳細は以下から。

TOFUstick

 シンガポールのAsa & Mayumiが代表を務めるTOFUは、SDカードリーダーが廃止されたThunderbolt 3(USB-C)ポート搭載のMacBookシリーズやMicroSDカードスロットを搭載しないUSB-Cポート搭載のiPad Proでも、収納の邪魔にならずにMicroSDでストレージ容量を拡張できるMicroSDカードリーダー「TOFUstick」の販売キャンペーンをクラウドファンディングサイトKickstarterで開始したと発表しています。

TOFUstick & YOYOcable by Asa & Mayumi

TOFUstick is a well-integrated storage solution which instantaneously upgrades your storage capacity substantially. No more hassle in connecting and disconnecting. The seamless design and portability allow it to go unnoticed.

TOFUstick & YOYOcable by Asa & Mayumi — Kickstarter

 TOFUstickは通常のMicroSDカードリーダーとは異なり、USB-Cポート面に垂直に長い形状ではなく、USB-Cポート面とピッタリと接続できるT字型デザインのMicroSDカードリーダーでキャップを外してMicroSDカードを収納して外部ストレージのように利用することができます。

TOFUstickのスペック

 T字型デザインを採用することにより、旧MacBook AirやProのSDカードリーダーにピッタリと収まるストレージ拡張デバイスNifty MiniDriveやPNY StorEDGE、Transcend JetDrive Liteのように、TOFUstickを外すことなく鞄に収納する事が可能で、

MacBookシリーズのSDカードスロットにぴったり収まる Nifty MiniDrive vs PNY StorEDGE vs Transcend JetDrive Liteレビュー

MicroSDカードリーダーとは逆の端は充電用のUSB-Cパススルーポートとなっており、モバイルバッテリーを利用して鞄の中でもTOFUstickを外さずにMacBookやiPad Proを充電することができる他、取り外した状態のTOFUstickを保護するキーホルダーにはMicroSD(TF)カード2枚とNano SIM2枚、Ejector Pinを1つ収納しておくことができるそうです。

TOFUstickの構造

 また、TOFUstickにはEnergy Saving Switchが付いており、他のUSB-Cデバイスやアダプタと違い、接続した状態でもiPad Proを完全にスリープ状態にできるそうで、TOFUはTOFUstickの他に、ケーブルを巻き取って収納できるケース「YOYOcable」の開発資金も募っています。

 TOFUstick & YOYOcableのキャンペーンは2020年08月18日から開始され、開始5時間で目標資金額の15,000シンガポール・ドルを集め、現在は670人を超える出資者から300%以上の45,000シンガポール・ドルを集めており、出資者は42シンガポール・ドル(約3,300円)でTOFUstickを12月頃に届けてもらえるそうなので、興味のある方はチェックしてみてください。