macOS Catalina 10.15.5では外部ディスプレイを接続したMacBook Pro (16-inch, 2019)がスリープからの復帰に失敗する不具合が修正。

スポンサーリンク

 macOS Catalina 10.15.5では外部ディスプレイを接続したMacBook Pro (16-inch, 2019)がスリープからの復帰に失敗する不具合が修正されているそうです。詳細は以下から。

MacBook Pro (16-inch, 2019)

 Appleが2019年11月に発売を開始したMacBook Pro (16-inch, 2019)では、予期しないフリーズと再起動を繰り返す問題を多くのユーザーが報告し、この問題は2020年03月にリリースされたmacOS Catalina 10.15.4 Build 19D76でも修正されていませんでしたが、

Apple 16″ MacBook Pro with Touch Bar, 9th-Gen 8-Core Intel i9 2.3GHz, 32GB RAM, 2TB SSD, AMD Radeon Pro 5500M 8GB, Silver, Late 2019
Connected to henge stone dock with 2 external monitors. It crashed every time it went to sleep for any extended amount of time. I returned it with 48 hours of receiving it. Experienced 4 crashes in that time.

Macbook pro 16 2019 freezes randomly and restarts – Apple Support Communities

Appleが現地時間2020年05月26日にリリースしたmacOS Catalina 10.15.5 Build 19F96では、少なくとも外部ディスプレイが接続されたMacBook Pro (16-inch, 2019)がスリープ状態から復帰する場合に失敗(カーネルパニック)する不具合が修正されたようです。

macOS 10.15.5 Catalinaのリリースノート2

Enterprise content:

  • Resolves an issue that prevented some displays connected to MacBook Pro (16-inch, 2019) from waking from sleep when the Mac wakes

What’s new in the updates for macOS Catalina – Apple Support

 これは、Appleがエンタープライズ向けに公開しているリリースノート記載されており、同じくmacOS 10.15.5ではいくつかのMacでビデオ会議アプリがeGPUを利用できるようになっているそうですが、

MacBook Pro (16-inch, 2019)に関して言えば、この他にもスピーカーからポップ音が聞こえたり、iGPU/dGPUの切替時に画面がフリーズするといった問題も報告されているので、今後もソフトウェア・アップデートによる安定性の向上が行われていくものと思われます。

コメント

  1. 匿名 より:

    今頃やっとですか。

  2. 匿名 より:

    ウチではアップデートしても改善されてないです。

  3. 匿名 より:

    改善されてませんね。
    画面スリープからの復帰はクラムシェルだと100%の確率で失敗。
    Macbook本体のモニター+外部モニターの仕様であれば今のところ問題なさそう。

  4. 匿名 より:

    マトモな状態に直せないなら、Mojave動くようにしてくれれば、
    新型MacProユーザー含めて、どれだけ幸せか。

  5. 匿名 より:

    ぜんぜん、改善されてません。

  6. 匿名 より:

    全く改善されてないですね。

  7. 匿名 より:

    全く改善されないどころか、むしろ悪化してますね。