Microsoft、計画していたとおり2015年に買収したタスク管理サービス「Wunderlist」を現地時間の明日2020年5月6日に終了。データ移行は6月30日までに。

スポンサーリンク

 Microsoftが計画していたとおり2015年に買収したタスク管理サービス「Wunderlist」を現地時間の明日2020年5月6日に終了すると発表しています。詳細は以下から。

 Microsoftは2015年、新しいタスク管理アプリ&サービス「Microsoft To-Do」を開発するにあたり、当時1,300万ユーザーを抱えていたタスク管理サービス「Wunderlist」を買収し、WunderlistチームはMicrosoft To-Doチームに合流、2019年には2020年05月06日にWunderlistのサービス終了すると発表されましたが、Microsoftは当初の計画通り、Wunderlistを明日05月06日にシャットダウンするそうです。

Wunderlist から Microsoft To Do にリストを移行していただく期日が迫ってきました。
Wunderlistは5月6日に公式にサービスを停止します。つまり、その日以降、ご利用の To Do が同期されなくなります。ただし、6月30日までは、タスクとリストを To Do に移行できます。

メーリングリストより

 WunderlistがシャットダウンされるとWunderlistに登録したTo-Doが同期できなくなるため、MicrosoftはWunderlistユーザーに対し、フォルダやサブタスク、添付ファイル、リスト共有、ダークモードなどWunderlist以上の機能をサポートしたMicrosoft To-Doへ移行するように勧めており、

Microsoft、2015年に買収したタスク管理サービス「Wunderlist」を2020年5月6日に終了すると正式に発表。

Microsoft To-Doへの移行期間を06月30日まで設け、3つのステップで移行できるSwitchページを公開しているので、まだWunderlistを利用されている方はゴールデンウィーク中にでも新サービスへ移行するか、Microsoft To-Doへデータを移行しておいた方がよさそうです。

  1. Microsoft To Do アプリをダウンロードします。
  2. Microsoft アカウントでサインインします。アカウントをお持ちでない場合は、Gmail などの既存のメール アドレスを使用して作成できます。
  3. Microsoft To Do のポップアップをクリックするか、[設定] に移動し、[インポート] を選択します。Wunderlist のインポーターが表示されます。

Microsoft To-Doアプリ